シルカ、島へ行く

f0344626_23581681.jpg

(2014年5月16日深夜のゲルダ。まるで夜光ビーム!)

週末の恒例になりつつあるライブカメラウォッチング。今朝もノヴォシビルスク動物園のライブカメラをon。
現地の気温は20℃。昨夜からやや強めの雨が降っています。

……おはよう!
現地時間6:25、ゲルダとシルカ登場。
出てくるなり、ゲルダはいきなりトイレタイム。昨日からお腹をこわしているらしく、不届きな来園者が投げた変なものを食べたんじゃ……?! と思うと、気が気でありません。(**)

その間、シルカはお乳をせがむようにお母さんのお腹の下に入ったり、背中に手を添えて立ち上がったり。
用を足し終えると、ゲルダは雨を避けて中のお部屋へ。シルカもそれに続きました。

* * * * * * *

同6:40、ゲルダがふたたび登場。
続いてシルカ。お立ち台に上り、ゲルダの背中に乗ろうとするように何度も手をかけています。お母さんの大きな背中、つい乗ってみたくなるよね。

……(◎◎)!
7:20、目を離した隙に、シルカが島に向かってすいすい泳いでいき、 あっという間に上陸しました。初めてたどりついた島で、しばらく一人遊び。(^-^)

7:30過ぎ、ゲルダがプールに飛び込み、向かいの島に渡りました。島の上でじゃれる親子。

7:38、水の中から白いポリタンを持ってゲルダが娘を誘います。
シルカ、島の上からつかもうと必死!

f0344626_00123950.jpg

泳ぐこと自体が面白くなってきたのか、いったん水に慣れてしまうと、もう自由自在。
その後は、島の周りを泳いでみたり、島から小さくダイブ(!)する姿も。お母さんのように華麗なジャンプを見せてくれる日もきっと近いはず。

(その後、午前9:00台の映像をYou tubeで見つけました。3:18あたりから、突如、島に向かって駆け出していくシルカのミニジャンプ×2が見られます)



ひと月前はまだ小さかったシルカも、この数週間でずいぶん大きくなりました。
きっとゲルダのお乳の出がよいのだと思います。

f0344626_00224227.jpg

授乳のペースは、ほぼ二時間おきのようですが、ある夜などは30分おき(!)にお乳をせがむことも。
親子とも宵っ張りなので、夜になって急にお腹がすくのか……食欲旺盛なだけに、これからぐんぐん大きくなりそうな予感がします。

ゲルダといい、シルカといい、きっと安産型の家系。
シルカの後ろ姿、お母さんとそっくりになってきました。(^-^)

[PR]
# by vedett-melk | 2014-05-25 21:36 | ノヴォシビルスク動物園(webcam) | Trackback | Comments(0)

おかあさん、見て!

昨年12月11日、ロシア・ノヴォシビルスク動物園で生まれたホッキョクグマの雌の赤ちゃん。
三週間ほど前、この赤ちゃんとお母さんのゲルダ、そしてお父さんのクラーシン(現カイ)に初めて対面しました。
(下の写真は2014年5月2日の様子です。)

f0344626_10354269.jpg


私が会いに行ったときはまだ名前がなかったのですが、投票の結果「シルカ」と名付けられたことを帰国後に知りました。
先週末から公開された同園のライブカメラのおかげで、この母と娘の様子を日々見守っています。(現地の様子は後日アップ予定)

* * * * * * *

今朝もライブカメラを眺めていると……ちょっと目を離した隙に(現地時間6:55頃)、シルカが一人で水の中に!
プールに降りる階段の一番上、足の届くところで、気持ちよさそうにぷかぷか浮かぶシルカ。そのあと、勇気が出てきたのか、少し深いところまで泳いでみては、すぐまた階段のところに戻り……一人で黙々と泳ぎの練習に励みます。

他方、朝から絶好調の母・ゲルダ。島からお気に入りの白ポリタンクを投げては、豪快にダイブ!
ふと、娘が水の中にいるのに気づき、遠くからすーっと泳いできました。

シルカは、泳いできたママにじゃれついたり飛びかかったり。
よく笑っている(ように見える)ゲルダ、このときも嬉しそうな顔でにこにこ。(^-^)
水に入り始めたばかりの娘に、怖くないからね、と優しく言い聞かせているようにも見えました。
(下の写真は、同園のライブカメラより)

f0344626_09505834.jpg

それでも、まだまだ深いところはこわいの……(シルカ)
ゲルダは立ち泳ぎしながら娘を抱きとめて、さりげなく水の中に誘います。

後ろから抱きかかえて、深いところまで一緒に泳ぐ仕草も……シルカは怯えることなく、ゲルダに身を預けていました。

* * * * * * *

それを見て思い出したのが、ちょうど一年前、GAOで初めてミルクに対面したときのこと。
GAOのブログによると、5月1日の一般公開後もしばらくの間、ミルクはまだまだ水が怖くて近づけず、金づちぶりを発揮。
それでもおもちゃを追いかけていっては水に落っこち、そのたびに母クルミに助け出されて、また落っこちて……

5月25日、初めてミルクに会った日。午前中はまったく水に入る気配なし!
その数日前、初泳ぎが確認されていたそうですが、気長に待つこと数時間……
ミルクがふと思い切ったように自ら水に飛び込みました!(下は2013年の写真です。)

f0344626_10511580.jpg


今朝のシルカを見て、最初はこわごわでも、お母さんに見守られながら一生懸命に水をかく姿が、ミルクと重なりました。

ミルクに出会って一年。
もともとクヌートやフロッケといった海外のホッキョクグマを通じてしろくま好きになりましたが、ミルクの誕生をきっかけに、GAOの豪太一家を応援しながら、動物園で暮らすホッキョクグマたちを訪ね歩いています。

今日も元気な姿を見せてくれるホッキョクグマたちへの感謝と、彼らに会えたことの記念として、少しずつ記録を残していきたいと思います。


[PR]
# by vedett-melk | 2014-05-24 11:11 | ノヴォシビルスク動物園(webcam) | Trackback | Comments(0)