カテゴリ:よこはま動物園ズーラシア( 3 )

ジャンブイふたたび

横浜ズーラシア訪問記・最終回。バリーバさんの氷プレゼントが終わり、おいとましかけたとき。
園内にアナウンスが流れ、17:30からホッキョクグマ舎でスイカのプレゼントがあるという情報が! しかもまだ閉園ではない様子。
(そういえば、沿道のあちこちにキャンドルや灯篭が置かれていました。あれはナイトZOOのためだったんですね。)

……そうこうするうちにバリーバさんの姿が奥に見えなくなり、入れ替わりに飼育員さんがスイカの入ったバケツを持って登場。

f0344626_23475455.jpg

端と端に、大きなカットスイカを一切れずつ設置。
……そして、飼育員さんと入れ違いに出てきたのは、

f0344626_23480857.jpg

なんと、ジャンブイ!
(タイトルにもう書いてしまいましたが)一日に二度も会えるなんて……そしてプレゼントもあるなんて!
ジャンブイ、そして飼育員さん、素敵な一日をありがとうございます! 
(それにしても、あまりにスムーズな交代に感嘆……)

f0344626_23481604.jpg

すでに涎がわいているジャンブイ、おやつのスイカにまっしぐら!
近くで見ても、本当に立派で美しい雄です。

f0344626_23482202.jpg

(よく見ると、さっきは茶色がかっていた毛がすっかり白くなっていました。お風呂に入ってきたみたいな)

f0344626_23483953.jpg

鯉と同じく、少し奥まで大事そうに運んで、ゆっくり食べ始めます。

f0344626_22425214.jpg

f0344626_22430554.jpg

f0344626_22435676.jpg

「ゆっくり」と書きましたが、私が反対側に移動する間に、きれいに皮になっていました。
ジャンブイ、おいしかったね!(その後、皮も完食。)

f0344626_22440583.jpg

手前で待っているもう一切れのスイカ。

f0344626_22441574.jpg

(だんだんカメラのバッテリーが尽きてきましたが)こちらも夢中!
二切れ目はさっきよりもワイルドに食べていました。

f0344626_22442520.jpg

f0344626_22443872.jpg

f0344626_22445309.jpg

この角度から見える横顔やお耳のあたりのふかふか感etc.、たまりません。

f0344626_22450013.jpg

17:40、ジャンブイがスイカからお顔を上げた瞬間、すでに切れかけていたバッテリーが尽き……このあと、皮だけになったスイカはプール際まで運ばれ、そこで最後のかけらまでジャンブイのお腹に収まりました。

その後、観覧側に降りてこられた飼育員さんにお話をうかがうことができました。二頭の赤ちゃんへの期待、体重や食事の管理、同じ環境で飼育しているものの、バリーバさんだけがなぜか緑化、……等々、丁寧に答えてくださいました。私も、二頭の赤ちゃんの誕生を心からお祈りしています。

18:00ころ、ジャンブイが裏のお部屋に入ったところで、ホッキョクグマ舎をあとにしました。遅い時間まで外に出てきてくれて、本当にありがとう。遠からず、また会いに来ます!

[PR]
by vedett-melk | 2014-08-26 23:29 | よこはま動物園ズーラシア | Trackback | Comments(0)

バリーバの氷プレゼント

一昨日のズーラシアの続き。午後、それまでの雨が嘘のように上がり、からりとした青空に。
ホッキョクグマ舎に戻ると、バリーバさんがすでに岩の上に登場していました。

f0344626_23365784.jpg

背中からお尻がうっすら抹茶色!
想像していたよりもふっくらしている印象です。

それにしても、ついさっき外の15周年記念パネルで見た写真とは、まるで別人(熊)。
(こちらはとべ動物園時代? 洋梨型の体つきは同じですが、今よりだいぶシャープな顔つきでした。)

f0344626_22462153.jpg

今は、お籠りに備えて体重を増やしているのか、 特にお顔の印象がだいぶ変わった気が。
今度は反対側に移動してみました。

f0344626_23375666.jpg

f0344626_23380295.jpg

f0344626_23380931.jpg

先にジャンブイを見たせいか、全体的に小柄な印象。やはり雌らしく、華奢というのではないのですが、フェミニンさも感じます。

f0344626_23384166.jpg

滝に向かってお散歩開始。かき氷を思わせる宇治抹茶っぷり。背景のグリーンともお揃いです。

f0344626_23392442.jpg

正面から見た図。キリリとした表情も、

f0344626_23393743.jpg

穏やかな表情も見せてくれます。可愛い(^^)

ところでバリーバさん、お耳の位置によっても別人(熊)のように見えるのに気づきました。

f0344626_23400213.jpg

f0344626_23400835.jpg

f0344626_23405090.jpg

バリーバさん、お耳回りの筋肉が発達している?(もし上の写真を別々に見たら、それぞれ別の三頭のクマだと思ってしまうかもしれません。)

ところで、ジャンブイもそうですが、バリーバさんも実に個性的なお名前。由来を知りたいな~と思っていましたが、飼育員さんにうっかり聞きそびれました……(++)
見ていたお客さんの中には、「バーバリー」と呼んでいた人もいたとか……((^^;

17:00、日が少しずつ傾いてきたころ、いよいよ氷のプレゼントが始まりました。

f0344626_23443755.jpg

f0344626_23453540.jpg

f0344626_23460690.jpg

飼育員さんを見つめるバリーバさん、緑の背中がまぶしい☆ 勢いよく氷に向かってダイブ!

f0344626_23452173.jpg

f0344626_23462415.jpg

f0344626_23464588.jpg

水に潜って、急にあどけない顔に(悩殺!)。 ホッキョクグマは雄も雌も、水に濡れると目がますますぱっちりしますね(^^)
(この間、飼育員さんの説明によると、この時間はいつもお肉をいただくらしく、リンゴはあまりお気に召さなかったそうです……)

バリーバさんが奥に移動したので、こちらもふたたび反対側へ。

f0344626_23472712.jpg

氷を大事に運んできた様子。この角度から見る横顔も可愛くて新鮮でした。

……動物園ではなかなか見られない夕暮れ時の時間帯、水の中のバリーバさんを堪能。
そろそろ収容の時間かな? と思っていたころ、ホッキョクグマ舎では思いがけない展開が待っていました。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2014-08-25 23:50 | よこはま動物園ズーラシア | Trackback | Comments(0)

ジャンブイの鯉祭り

今年も後半戦に突入(して久しい)、なのに、今月はまだ一頭のホッキョクグマにも会っていないことに気づいて愕然としています。(**)
どこに行こうかと考えた挙句、少し遠出することに。昨日、遅まきながら初のズーラシアに行ってきました。

f0344626_00580005.jpg

入園ゲートにいた水中ジャンブイ!
最初、黄色いブイかと思って近づいたら、可愛い帽子(ヘルメット風)をかぶっていました。

f0344626_00585494.jpg

祝・開園15周年。そこここに可愛らしいのぼりや手作りの記念看板が飾られています。
曇り空の下、園内に入ると雨がぱらついてきたので、傘を片手に少し早足で。

f0344626_01000975.jpg

今日は誰かな? 今の時期、二頭は不定期交代のようです。
とすると、あのお鼻の模様は……

f0344626_01002576.jpg

初めまして、ジャンブイ!
低気圧気味か、隅っこで小さくうつ伏せに。真ん丸でつぶらな目に、即ノックアウトされました。

f0344626_01003055.jpg

背後にはバックヤードが。ときどきバリーバさんと思しき白い影がちらっとよぎります。
ジャンブイの見上げる先には、

f0344626_01003742.jpg

大きな日除けがしっかり設置。今日は薄曇りですが、この気配りは嬉しくなります。

ジャンブイが住んでいるのは、広々としたワイルドな展示場。岩場や滝など、王子動物園の雰囲気を思い出しますが、こちらのほうがより起伏に富んだ感じ。

f0344626_01004649.jpg

なんと、今日は活け魚のプレゼントが見られるそう。ちょうど時間に間に合いました。
(この写真では水中が映っていますが、以前は見られたのでしょうか?!)

f0344626_01013715.jpg

行動開始。(ちょっとぼけてますが)どっしりした足取りで歩いてくるジャンブイ。
どこか知的な雰囲気もあり、見ているだけでどきどき……(☆☆)

f0344626_01022319.jpg

手前の岩場にお座り。
おっとりしていながら、ワイルドでもあり、可愛くもあり……いろんな表情を見せてくれるジャンブイ、もはや釘付けです。

f0344626_01022977.jpg

お魚を待ちながら、くつろぐジャンブイ。

f0344626_01031238.jpg

いよいよ活け魚タイム。飼育員さんの気配を察して、構えの姿勢。

f0344626_01033920.jpg

……中途半端に動画で撮ってしまい、こちらはすでにゲット&上陸したところ。
鯉の顔が、ジャンブイの顎の力を物語っています。

f0344626_01041278.jpg

左の大きな石の陰に運んで、落ち着いて食べ始めます。育ちがよさそうというか、悠々とした表情。

石に隠れて肝心の鯉が見えないのですが((^^;、ジャンブイの表情やお食事風景を見ていて、ふと思い出すクマがいました。
帰宅後、そういえばと去年GAOで豪太のお誕生会に撮った写真をめくってみたら、豪太が氷のケーキを食べているシーンで、上のジャンブイとよく似た写真があり、びっくり。(◎◎)
豪太のほうがまだまだあどけない表情ですが、丸い体つきとか首の太さ、おっとりした雰囲気が似ているのかなと思います。

f0344626_01042440.jpg

続いて二匹目の鯉。
(三匹目からは、魚が沈んでしまったのか少々手間取っていました。)

f0344626_01071402.jpg

目ざとくやってきたカラスと、ときどき睨みをきかせるジャンブイ。(こういう上目づかいは、ホクトやゴーゴも思い出します。)
睨んだ顔も可愛いせいか、一瞬後退するも、またにじり寄っていくカラスたち。

f0344626_01090033.jpg

一羽が二羽になり、二羽が三羽になり……狭まるジャンブイ包囲網。

f0344626_01092935.jpg

本人(熊)は我関せず、一匹一匹ゆっくり味わっています。もう何をしても可愛い!(☆☆)

f0344626_01105186.jpg

ごちそうさま!
計4匹の鯉を、きれいに平らげました。

f0344626_01112416.jpg

食後のひと泳ぎ。
この後頭部のふさふさ感……触らせて!

f0344626_01114063.jpg

雨宿り。というより中が気になる様子。
(人間のいるところは屋根がありますが、外はだんだん強く降ってきました。)

f0344626_01122027.jpg

男の子か、それとも傘に反応したのか、まるで鏡を見ているよう。とても優しい表情でした。

f0344626_01124036.jpg

歩く姿も素敵なジャンブイ。雨に濡れて(濡れなくても)ますます男前です。

f0344626_01151683.jpg

……ジャンブイに夢中になったあまり、いつにも増して写真を載せすぎてしまいました。(^_-)-☆
鯉のプレゼントのあと、午後からはバリーバさんと交代。人間のほうも栄養補給をしたあと、相方の登場に備えます。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2014-08-24 23:56 | よこはま動物園ズーラシア | Trackback | Comments(0)