カテゴリ:しろくまの本棚( 3 )

11月もあっという間に最終日……今朝も起きるとノヴォシビルスク動物園のライブカメラを開いて、ゲルダお母さんとロスチク君が一緒にいることを確認してから家を出ました。
夜もいそいそと帰宅、パソコンを開いて、親子が一緒にいるのを確かめてほっと一息。
「時よ、止まれ!」と心の中で念じながら、今日も眠りにつきます。(TT)

読書の秋。毎年この季節になると、しろくまの本を何か載せようと思いながら、気づくといつも冬……
今回もそうなりつつありますが、各地のホッキョクグマたちのことを考えながら、この本のことを思い出しました。

f0344626_01405115.jpg

一番好きなしろくま本を挙げるとすると、真っ先に浮かぶのが、児童書では『北極のムーシカミーシカ』、大人向けの本ではこの『雪の練習生』。
敬愛する多和田葉子さんの小説で、単行本・文庫本ともしろくまの装丁が素敵。
つい最近、英訳が刊行され、話題になっているそうです。

私がホッキョクグマと出会ったきっかけは亡きクヌートでしたが、そのクヌート、母トスカ、祖母の三世代の物語が、動物/人間、わたし/あなた、語る/語られる、等々の境界を軽々と跳び越えて描かれる、めくるめく物語。
読んでいるうちに、だんだん自分も真っ白でふかふかの生き物になった気分に……自分の輪郭が変わっていくというか、五感が研ぎ澄まされていくような感覚を味わえます。(^_^)
とりわけクヌートの祖母の生きたソ連、母の生きた東ドイツの雰囲気や、実在した女曲芸師ウルズラとトスカの関係はこの本で初めて知り、ますます興味が湧きました。

親子三代のホッキョクグマの自伝 - 伝記。こう書くと、ぜひとも自伝を書いてほしいホッキョクグマたちの顔が何頭も浮かびます。
先日のロシア旅行の前、妹にこの本を貸したら泣きながら徹夜で読んだそうで、ゲルダやイッちゃんが自伝を書いたら面白いんじゃないかという感想をもらいました。
ムルマさん、ゲルダさん、イッちゃんの三世代の自伝……野生から動物園へ、ロシアから日本へ続く物語が語られるとしたら、想像しただけでわくわくします。

(おまけ)
さいたまトリエンナーレ2016(~2016年12月11日)
この本をモチーフに、期間限定のインスタレーション「白熊の部屋」が登場。
読み跡のついた『雪の練習生』が並ぶ本棚、囲まれてみたい……(^-^)

[PR]
by vedett-melk | 2016-11-30 23:48 | しろくまの本棚 | Trackback | Comments(2)

しろくまくんとの出会い

月末が近づいて日々てんてこ舞いですが、載せようと思いつつなかなか手が回らなかったもうひとつのライフワーク(?)、しろくま本。(完全に逃避)

見つけるたびに集めているのですが、最近は本物のしろくまに会いに行く機会が続いて、しばらく手つかずでいたところ。少し前から近くの古本屋さんで見かけて気になっていたこの本を、今日ついに手に取りました。

f0344626_00485063.jpg

「しろくまラルス」シリーズのうちの二冊で、オランダの絵本作家ハンス・ド・ビアがドイツ語で書いたもの。訳は矢川澄子氏!

f0344626_00482042.jpg

この見事なおしり!
シリーズ三作目「しろくまくん、つれてって!」は、こんな素敵なイラストで結ばれています。
(ふとゲルダとシルカの後ろ姿が頭に浮かびました。)

しろくまラルス、我が家の本棚へようこそ!
いつかシリーズ一作目を見つける日を楽しみに……

[PR]
by vedett-melk | 2015-06-30 01:17 | しろくまの本棚 | Trackback | Comments(0)

カイとゲルダの物語

気がつけば、読書の秋もあとわずか……11月ももうすぐ終わり、日に日にしろくまたちが喜ぶ季節が近づいています。
連日のようにマイナス30℃を記録中のロシア・ノヴォシビルスク動物園。先日、一瞬映ったライブカメラの向こうには、真っ白な世界が広がっていました。

一歳のお誕生日が近づいてきたシルカの両親、クラーシン(現カイ)とゲルダの同居が早くもスタート。ひとりぼっちで過ごすシルカを思うといたたまれない思いですが、再会した二頭の仲睦まじい姿を見ているうち、子供のころ好きだった絵本を思い出しました。

f0344626_01354483.jpg

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2014-11-30 01:19 | しろくまの本棚 | Trackback | Comments(0)