カテゴリ:ロシアの動物園( 81 )

連休を過ぎると、5月ももう半ば……(◎◎)
少し前ですが、天王寺動物園のブログを見て胸がいっぱいになりました。

休園日のイッちゃん

お外に出てまだ間もないのに、バフィンさんに自分から歩み寄ろうとするイッちゃん。優しい子ですね。
時間とともにバフィンさんの心に届いて、少しずつ距離を縮めていけますように。

昨年5月のロシア訪問記。とうに一年経ってしまいましたが、ノヴォシビルスク動物園、いよいよ最終回。(コメント未投稿のものは追々……)

f0344626_21090523.jpg

16:45、こわごわプールに入った赤ちゃん(シルカ/イッちゃん)。
お母さんのゲルダ、そばで優しく見守っています。

f0344626_21091311.jpg

と思ったら、ポリタンを持って、すいーっとカメラのフレームの外へ……

f0344626_21092263.jpg

階段の一番上は、足がつくくらいに浅く水が張ってあるので大丈夫。
つかまり立ちも可愛いね。

f0344626_21094572.jpg

余裕の笑み。(^-^)

f0344626_21095335.jpg

ようし。

f0344626_21100203.jpg

うちの子、今に泳げそうよ。

f0344626_21101509.jpg

(そしてまたお客さんのほうに去っていくゲルダ……)

f0344626_21102483.jpg

お母さんが手を離した隙に漂ってきたポリタンク。(このときは見送りました。)

f0344626_21103758.jpg

……その後、いったん陸にあがって休憩。
横に転がっているのは、何者かが投げ込んだバナナです。(^_-)-☆

f0344626_21112577.jpg

一息ついて、ふたたび挑戦!

……この直後、カメラの二つ目のバッテリーが尽きてしまい、残念ながら写真はここまで。
このあともう少し親子のそばにいましたが、赤ちゃんは首までプールに浸かって遊んでいました。(^-^)

この日の最高気温はたぶん20℃以上。「シベリア」というだけで無駄に厚着してきた私は早々に電池切れ……
16:55、後ろ髪を引かれつつ、ゲルダと赤ちゃん、クラーシン(現カイ)にさよならしました。

ここで、今まで書こうかどうか迷っていたことについて。
悲しいことに、ノヴォシビルスク動物園のホッキョクグマ舎への食べ物の投げ込みは、今回訪ねた動物園の中で一、二を争う多さでした。
(逆に投げ込みを見かけなかったのは、7園中ペルミとエカテリンブルクのみ)

ゲルダと赤ちゃんのいる展示場の前には、開園直後からトランシーバーを持った制服姿の警備員さんが3、4人立って、一見ものものしい雰囲気。
とはいえ、警備というより来園者に交じって親子に目を奪われていて(気持ちはわかりますが)、その間、来園者による食べ物の投げ込みを少なからず目撃しました。

暑い日だったこともあり、ひどいときはコーンのカップに入ったアイスまで投げ込まれる始末!(◎◎)
モスクワ動物園ですでに驚愕していたとはいえ、ノヴォシビルスクでも最初見たときはショックで固まりましたが、その後、投げ込みを見るたび警備員さんのところに行って、知っている限りの英語とジェスチャーで、りんごやらアイスやら投げ込まれたものを身振り手振りで伝え、厳しく注意してほしいとまくしたてました。

ところが……
何をしても通じない! 私の手話がまずかったのかもしれませんが、一人にいたっては"I can't speak English."と返されました。(←今しゃべってますが!)

気づくと、逆に私のほうが怪しまれてきた様子……人だかりも増え、警備員さんに近づくのもだんだん難しくなってきて、こんなとき、ロシア語が話せたら……(TT)

周りには止める人もなく、お客さんは投げ込みに向かってダイブするゲルダを見て、むしろ喜んでいる様子。
(ちなみに、飼育員さんらしき人は見つけられませんでした。)
閉園前に動物園を出たのは、単にカメラのバッテリー切れだけではなく、徒労感もあったかもしれません。

炎天下の帰り道、投げ込みに晒される親子に何もしてやれなかったことが不甲斐なく、申し訳なくて、だんだん具合が悪くなってくる始末。(*_*)
大量の薬と栄養ドリンクを飲んで明るいうちに寝ましたが、腹が立って眠れず……考えてみると、私が動物園にいたのはほんの一日。実は日々起きていることなのかと悶々とするうち、夜になりました。

f0344626_21111775.jpg

オビ川の向こうに暮れていくノヴォシビルスクの夜。
21:56、ホテルから見えた駅舎です。

名残惜しいけれど、またきっと会いに来ることを誓って。
明朝7時にタクシーを予約。次の目的地に向かいます。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2015-05-13 23:15 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

Скоро!

Для тех, кто любит Шилoчнка (Ицчан) в России:

Вскоре мы сможем встретиться с ней!!!

На следующей неделе, 8 мая 10:00 (Япония времени), Шилка (Ицчан) сможет прийти, наконец, выйти на улицу!
(7 мая зоопарк Tennoji будет временное закрытие, но будет открыт только в средствах массовой информации.)

Вот сайт города Осака:
「イッちゃん」のお披露目式を開催します

f0344626_00115423.jpg
(2 мая 2014, Новосибирск Зоопарк)

Сегодня год назад, я впервые встретил ее, она была очарована меня.
Я с нетерпением жду, чтобы еще раз встретиться с ней.

f0344626_02101630.jpg

Мы не можем
ждать, чтобы увидеть ее снова!!!

f0344626_02121041.jpg

(25 апреля 2015, Tennoji Зоопарк)


[PR]
by vedett-melk | 2015-05-02 23:57 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

進歩するトレーニング

四月も末、大型連休も間近ですが、天王寺動物園のバックヤードで待機中のイッちゃん/シルカの新しいトレーニング風景の動画がUP!

イッちゃんのターゲットトレーニング

電車の中ですでに10回以上再生していますが、ピッ! ペロッ! もぐもぐ……
何度でも見てしまうイッちゃんの目覚ましい進歩!
驚き、嬉しく思いながら、公開を心待ちにしています。

……もたもたしている間に、もう5月。あれからもう一年が経ってしまいました。(^_-)-☆

遅まきながら、このあたりでノヴォシビルスク動物園の投稿をまとめておきたいと思います。(しばしお待ちください……)


[PR]
by vedett-melk | 2015-05-01 23:27 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(3)







[PR]
by vedett-melk | 2015-04-22 23:52 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

ちょうど一年ほど前、小さかったころのイッちゃん/シルカ。

f0344626_20545533.jpg

このころは、まだまだ水がこわかったね。

f0344626_20554015.jpg

おかあさんに誘われて。

f0344626_20554829.jpg

ようし。(でもまだこわいの……)

この時間帯は、恐る恐る顔をつけてみる程度でした。
プールに降りる階段の一段目のところまで浅く水が張ってあり、赤ちゃんのために水位を調節してくれていたのかな?

このあとは、いよいよゲルダのショータイム!

f0344626_20561109.jpg

仕事に出かけたお母さんの背中を見守る図。

f0344626_20562178.jpg

と思ったら、マイペース。(笑)

娘がお昼寝している間、お母さんのゲルダはと言えば……

f0344626_20592111.jpg

突然のダイブ!
(お客さんの顔に注目。)

f0344626_21000476.jpg

見ててちょうだい。

f0344626_21001291.jpg

f0344626_21002164.jpg

ダイブを決めるたび沸き起こる、盛大な拍手と声援!

f0344626_21002973.jpg

水が入った重たいポリタンも軽々と。

f0344626_21020619.jpg

今度は手前の島に上陸!

f0344626_21023168.jpg

カメラ目線も忘れない、水もしたたる美熊。

f0344626_21023962.jpg

ほっ!

f0344626_21030299.jpg

口元でポリタンクを振り回し、プールにぽいっ。それを追いかけてドボン! が十八番。

f0344626_21031034.jpg

(よく見るとカメラ目線。)

f0344626_21032528.jpg

気がつくと、何列なのか分からないほどの人・人・人!

f0344626_21035229.jpg

ざっばん!

総立ちの観客に囲まれて、ゲルダもますますヒートアップ!

ふくよかな見た目とは裏腹に、運動神経は抜群。後ろにいた男性が英語で、"She's really a movie star!"と言っていました。(笑)

f0344626_21042132.jpg

気がつくと降りてきていた赤ちゃん。

お母さんは、お客さんへのご挨拶も、

f0344626_21043574.jpg

(はっ! と思い出したように)

f0344626_21044428.jpg

娘の世話も忘れない。(ゲルダ大忙し!)

f0344626_21050695.jpg

わたしのおかあさん、すごいんだから!
(また働きに行ってしまった……)

f0344626_21051460.jpg

見ててね。

f0344626_21052239.jpg

島で休んでいるのか、ためを作っているのか、ゲルダがスタンバイしていると、アンコールを求めるようにどこからともなく拍手が……(笑)
声援に応えるゲルダ、本当に誇らしげでした。

……こうして振り返ってみるたび、思い出すのは釧路のミルクのこと。
ゲルダとミルク、おもちゃの種類もパフォーマンスも違いますが、スター性(を自覚していること)、お客さんへのアピール、誇らしげな顔、等々、何か通じるものがあるはず! あるといいなあ……とひそかに期待しています。

f0344626_21060082.jpg

暑くて喉が渇いてきたので(20℃超)、いったん休憩。
半袖はもちろんノースリーブの人も多く、ダウンは脱いだものの下はセーターという格好の私、しろくまたちの気持ちが少しわかった気がします……((^^;

ゲルダと赤ちゃんのいるホッキョクグマ舎、離れたところから見るとこんな具合。
いったん外に出ると、もはや近づけないくらいの大盛況でした。

f0344626_21061210.jpg

訳あっていったん正門に戻りましたが、残念ながら目的を果たせず、ホッキョクグマ舎へ急いでUターン。
木立の中はひんやりして、気持ちのいいコースでした。

(続く)


[PR]
by vedett-melk | 2015-04-21 23:59 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)

まだまだ続くノヴォシビルスク動物園、ゲルダと赤ちゃんの様子。(こちらもひとまず簡単にUPします。)

お昼寝から覚めた親子。

f0344626_20405212.jpg



f0344626_20342493.jpg

f0344626_20412039.jpg

f0344626_20420459.jpg

f0344626_20482944.jpg

f0344626_20483863.jpg

f0344626_20485530.jpg

f0344626_20490428.jpg

f0344626_20491306.jpg

f0344626_20492314.jpg

f0344626_20493168.jpg

f0344626_20495436.jpg



[PR]
by vedett-melk | 2015-04-17 23:04 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

不器用で時間を要してしまいましたが、やっとのことでYou Tubeに動画をUP。お母さんのゲルダと142日齢の赤ちゃん(のちのシルカ/イッちゃん)の様子です。

散歩するゲルダの横でお昼寝する赤ちゃん



ゲルダの赤ちゃんへの授乳
(3:45あたり、突如吼えかかるシルカ/イッちゃんの声が聞けます。)



ポリタンクで遊ぶ赤ちゃん



一年前、ちょうど今のバフィンさんと赤ちゃんと同じくらいの時期でした。
こんなに小さかったイッちゃん、今では立派な一歳の仔グマですね。
(のちほど以前の投稿に移します。)

[PR]
by vedett-melk | 2015-04-16 01:30 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

間が空かないうちに、簡単ですがノヴォシビルスク動物園の続きを……
この春、天王寺にやってきたイッちゃん/シルカのお母さんです。

f0344626_23401368.jpg

愛しのゲルダ。

f0344626_20260206.jpg

にっこり。

f0344626_20261076.jpg

ぺろり。

f0344626_20261852.jpg

美しく、豊満すぎる(!)立派な体つき。いつも笑っているような、にこやかなお顔。
ホッキョクグマの雌に「ゲルダ」と名づけるセンスにもしびれました。

ときどきカメラのほうをじっと見つめてくれるゲルダ。
表情や仕草からも、人柄(熊柄)の良さがにじみ出ています。

f0344626_20295858.jpg

ふたたび定位置に戻ったゲルダと、かまってちゃんの赤ちゃん。

f0344626_20302027.jpg

f0344626_20303215.jpg

おかあさん!

f0344626_20313950.jpg

Zzzz....

一緒にお昼寝かな? と思ったら、赤ちゃんは左のお立ち台に移動、それぞれマイペースに日向ぼっこ。
ゲルダは腕枕、かたやうつぶせの赤ちゃん。腕が筋肉痛にならないか、心配してました。

f0344626_20314814.jpg

f0344626_20320277.jpg

思い思いの姿勢で。おやすみなさい(^-^)

f0344626_20322249.jpg

その間、お父さんのクラーシン(現カイ)に二度目のご挨拶。

f0344626_20323740.jpg

f0344626_20324568.jpg

f0344626_20325911.jpg

ノヴォシビルスク動物園のホッキョクグマ舎は展示場が三つ。
こちらは空きスペース。(あとで上から見た図を載せます)

ライブカメラからは見えませんでしたが、週に一度のプール掃除のとき、ここにゲルダと赤ちゃんが移されていたようです。

f0344626_20332528.jpg

f0344626_20333320.jpg

f0344626_20335130.jpg

きりり。

f0344626_20340274.jpg

Zzz...
寝顔も美しいゲルダ。愛らしい赤ちゃんともども、一目惚れでした。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2015-04-15 00:55 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

昨日の夜、おいしそうにソーセージを食べるイッちゃん/シルカの様子が天王寺動物園のブログにUP!
あんまり可愛くて、You Tubeの再生回数を大きく押し上げてしまいました。

飼育員さんの呼びかけから少し間を置いて、ウーと返事をするようなイッちゃん。
着実に信頼関係が築かれている様子が嬉しくて、今日もまたエンドレスで再生中……

そして今日、奥のお部屋でにんじんやりんごを食べている赤ちゃんの動画も!
檻越しに迫ってくる手も舌も、3Dのような迫力。
娘に取られても怒らない、優しいバフィンさん。立派な歯が生えてきたのか、赤ちゃんもいい音立ててます。

続々々々々・ノヴォシビルスク動物園訪問記。
とりとめのない記録ですが、ひとまず写真のみ上げておきます。

f0344626_23354481.jpg

f0344626_23360149.jpg

f0344626_23363068.jpg

f0344626_23363791.jpg

f0344626_23364605.jpg

f0344626_23365741.jpg

f0344626_23373267.jpg

f0344626_23381011.jpg

f0344626_23381856.jpg

f0344626_23384706.jpg

f0344626_23385510.jpg

f0344626_23390223.jpg

f0344626_23393425.jpg

f0344626_23394413.jpg


[PR]
by vedett-melk | 2015-04-14 00:24 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)

続々々・ノヴォシビルスク動物園。
ロシアを発ったあと、無事に大阪に着いたかな……?
初めての空の旅、大事な箱入り娘にはクマ用シートベルトを! 等々、考えているとだんだん眠れなくなってきます……

(こちらもひとまず写真のみ、ざっとアップします。)

f0344626_23142112.jpg

f0344626_23143867.jpg

f0344626_23150314.jpg

f0344626_23151265.jpg

f0344626_23162895.jpg

f0344626_23164469.jpg

f0344626_23174114.jpg

f0344626_23174838.jpg

f0344626_23180547.jpg

f0344626_23181494.jpg

f0344626_23182175.jpg

f0344626_23191214.jpg

f0344626_23192532.jpg

f0344626_23193826.jpg

f0344626_23194854.jpg

f0344626_23201053.jpg

f0344626_23202722.jpg

f0344626_23353630.jpg

[PR]
by vedett-melk | 2015-03-26 23:31 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)