カテゴリ:ロシアの動物園( 76 )

夢はしろくま座

この間10月が始まったと思ったのに、もう11月……このところ、人々の隠れた変身願望に火をつけたハロウィンの喧騒を横目で見ながら、かぼちゃを食べる各地のしろくまたちの様子を見て楽しく過ごしています。
あ、でもしろくまへの変身願望があったのだった……ʕ•ᴥ•ʔ

最近、これまでの十二星座がひとつ増えて十三星座になるらしい?! という話を聞きました。
少し前から話題になっていたようで、半分冗談だろうと思っていたら、NASAの発表によるものだそうです。
これまでの星座からひとつずれる人もいればもうひとつずれる人もいて、なかには不動という人もいるらしく、ややこしい……
ひとつ増えるのなら、断然しろくま座でしょ! と思いつつ、自分がしろくま座でなかったら悲しくなるので、(自称)しろくま年・しろくま座のままでいようと思います。ʕ-ᴥ – ʔ

f0344626_03591215.jpg

星といえば、動画の追加投稿に時間を要しましたが、メンシコフさんの思い出(続)を更新しました。

f0344626_04020861.jpg

初夏のメンシコフさん、木洩れ日が気持ちいい午後のひとコマです。

[PR]
by vedett-melk | 2016-11-01 03:45 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

先日急逝したメンシコフさんの思い出、続きます。
2016年の動画と2014年の写真を追加でUPしました。
(2014年)





(2016年)











お腹いっぱいになった後は、こんなふうに優しい姿を見せてくれることも。
堂々とした威厳と可愛らしさの同居した素晴らしい雄でした。

f0344626_03270283.jpg

今は遠いお星さまになって、ウスラーダさんと子供たちを明るく照らしてくれているメンシコフさん。
あなたの尊い命は、子や孫や曾孫たちの中に脈々と受け継がれています。

[PR]
by vedett-melk | 2016-10-15 23:50 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

祝!10か月

f0344626_20475498.jpg

ロシア、ノヴォシビルスク動物園に暮らすイッちゃん (Шилка) の弟、ロスチク君。
去る7日、めでたく生後10ヶ月を迎えました。\(^o^)/

ちょうどその前日、二人のおじいちゃんであるメンシコフさんの訃報に接し、お花を用意することができませんでした……(TT) 遅まきながら、かぼちゃと共にお祝いしたいと思います。

かぼちゃといえば……先月あたりから、ノヴォシビルスク動物園では市民から寄せられたかぼちゃが山ほど届いて、クラーシン(カイ)とゲルダ、ロスチク君は毎日のようにいろんな色や形のかぼちゃで遊んでいるようです。


かぼちゃくらい硬くてビタミン豊富で、しかもエコ(!)ならば、おもちゃとしての条件はすべて備えているわけで、秋の味覚を最大限利用してくださっていることに拍手、拍手!(^o^)

天王寺動物園や浜松市動物園でも、日頃から樫の木などの枝をおもちゃとしてプレゼントしてくださっていますが、遠いロシアでも、ロスチク君が木の枝や葉っぱで楽しく遊ぶ様子をライブカメラ越しに見せてくれています。
今朝はY字型の大きな枝と一生懸命格闘していました。(^-^)

日本でもロシアでも、自然のおもちゃが活躍しているのを嬉しく思います。

[PR]
by vedett-melk | 2016-10-10 23:55 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

メンシコフさんの思い出

(2014年)



(2016年)





上の映像を見ても、二年経ったことをまったく感じさせないほど若々しかったメンシコフさん。
できればもう何度かお会いしたいと思っていました……本当に残念でなりません(TT)

順不同ですが、今年の映像はもう数本アップロードする予定です。

(続く)
[PR]
by vedett-melk | 2016-10-09 23:13 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

どうか安らかに……

昨夜、著名なブロガーの方のwebサイトで知ったロシア、レニングラード動物園のメンシコフさんの突然の訃報。
今はただ茫然とするばかりです……(TT)

追悼の気持ちをこめて、まだ載せていなかった今年の写真と動画を少しずつアップしたいと思います(2016年5月7日・8日)。

f0344626_01583738.jpg

f0344626_02001512.jpg

f0344626_02002992.jpg

f0344626_01445016.jpg

f0344626_01570250.jpg

f0344626_01565475.jpg

f0344626_01580014.jpg

(左:メンシコフ、右:ウスラーダ)
生前は数えるほどしかお会いできませんでしたが、実際の印象はとにかく威厳に満ち、そして「愛妻家」。
最後にお会いしたときは、同居中のウスラーダさんがプールに一緒に入ってくれるのをじーっと水中で待っていたり、ウスラーダさんがお部屋に入ってしまったときは出てくるまで中に呼びに行ったり……立派ながらどこかあどけなく、心優しい雄のホッキョクグマでした。

思えば、そのブロガーの方とは、二年前、メンシコフさんの前で初めてお会いすることができました。ホッキョクグマに会いに行くことの素晴らしさを教えてくださったお二人(お一人と一頭)には、感謝してもしきれません。

f0344626_02071665.jpg

f0344626_02072444.jpg

f0344626_02073718.jpg

f0344626_02074603.jpg

f0344626_02345016.jpg

f0344626_02091543.jpg

メンシコフさん、あなたのいない動物園はとても寂しくなりますが、あなたの素晴らしい子孫たちに会うたび、私はあなたのことを思い出します。

f0344626_13412557.jpg

遠い空から、ウスラーダさんと子供たち、孫たちのことをずっと見守っていてください。

[PR]
by vedett-melk | 2016-10-07 02:22 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

祝! 弟くんの7か月

f0344626_22494197.jpg

Дорогой Ростик, C Днем Рождения в течение семи месяцев!


今日の東京は、まるでサウナのような酷暑の一日。夏に関しては、日本はもはや亜熱帯を通り越して熱帯という気がします。(*_*;

先月の生後半年からもう一か月。7月7日、七夕の日に、ノヴォシビルスク動物園に暮らすイッちゃん (Шилка) の弟くん (Ростик) がめでたく生後7か月を迎えました☆彡
待ちに待った名前も決まり、初めての夏をゲルダお母さんと元気に過ごしているようです。おめでとう!

お祝いになんとか閉店前の花屋さんに滑り込み、七夕にちなんで笹の葉にしようか迷った挙句、男の子+涼しげな色ということで寒色系の花束にしました。
隣は久々に利用したAIR DOで見つけたクッキー。開けるのが惜しくなり、眺めて楽しんでいます。(^_^;)

f0344626_22543775.jpg

上の写真は先月、バフィンさんとモモちゃんに最後に会った日にてんしばゲートに飾られていた笹。通天閣側でも笹飾りを見つけ、親子の幸せを願う短冊を下げてきました。

今日、お姉ちゃんのイッちゃんには笹の葉のプレゼント。一緒にプールで戯れたり、下に敷いて寝たり(!)と楽しんでくれたそうです。(^o^)

しろくまの数だけ短冊を書きたいほどですが、この日、イッちゃんの弟くんのために、ぜひとも願いを込めたいこと。それは……「ゲルダお母さんと一緒に1歳のお誕生日を迎えることができますように」。

f0344626_00463364.jpg
(2016年5月3日、ノヴォシビルスク動物園)

f0344626_01180719.png
(2016年6月29日、現地時間05:15)

弟くんの成長を見るたび、一昨年のイッちゃんが1歳のお誕生日を前にゲルダお母さんから突然引き離されてしまったことを思い出し、いつかこの子にも別れの時が来てしまうのか……と頭のどこかで考えてしまいます。
今度の弟くんにはどうか1歳になるまで、せめて来年の春を迎えるまで、ゲルダお母さんと一緒に過ごしてほしい……(TT)

しろくまの神様、弟くんのために、どうか願いを叶えてください☆彡

[PR]
by vedett-melk | 2016-07-07 23:00 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

祝! 弟くんの命名

ロシア、ノヴォシビルスク動物園に暮らすイッちゃん (Шилка) の弟くん。現地のファンの方によると、満を持して(!)名前が発表されました。
気になるお名前は……ロスティク (Ростик/Rostik)。先日亡くなったシロ園長の名前に因んでいるそうです。
(追記:カタカナ表記として「ロスチク」のほうがより近いと知り、こちらに変更します。確かにBaltikaは「チ」になっていますね。)

5月の半ばごろから名前の発表の噂がありましたが、きっとラスティスラフとか、亡き園長へのオマージュになるのかなあと思っていたところ。お姉ちゃん (Шилка) に続いて、名物園長さんのお名前をもらったのですね。(^-^)

f0344626_07023449.jpg
(2016年5月3日、ノヴォシビルスク動物園)

我が家ではもっぱら「弟くん」とか、最近では「ちび豪太」(顔も格好もどこか似ている)と呼んでいましたが、ようやく名前が決まってほっと一息。
まだしばらくは、つい「弟くん」と呼んでしまいそうですが、日々親子を見守っている現地の方々も喜んでおられると思います。




もうすぐ生後7か月を迎えるロスティク君。
カイお父さん、ゲルダお母さん、そしてお姉ちゃんのイッちゃん、おめでとう!

[PR]
by vedett-melk | 2016-06-29 23:59 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

祝!弟くんの6か月

2015年12月7日、ロシア、ノヴォシビルスク動物園で生まれたイッちゃん (Шилка) の弟。名前はまだ無い。(^_^;
その弟くんが、今日でめでたく生後6か月(183日齢)を迎えました。

Поздравление для шести месяцев со дня рождения!

今日もプールに飛び込んだり、転げ回ったり、ゲルダお母さんと遊んだり、お乳を飲んだり、お昼寝したりと、元気いっぱいの一日。
半年の節目に先立ち、現地のファンの方が誕生から現在までを追いかけた可愛いビデオを作ってくださいました(←必見!)。


まだ写真の整理も済んでいませんが、生後6か月のお祝いに、5月に現地で撮った写真を少しだけ、というかちゃんと写っているのが少なすぎるのですが、載せてみます(以下、2016年5月3日に撮影)。

f0344626_00142818.jpg

つぶらな瞳☆

f0344626_01070728.jpg

お母さんといっしょ。(^-^)
この数日後、プールで本格的な初泳ぎを果たしました。

f0344626_01072510.jpg

約一か月前(5月3日)の体格差はこのくらい。
今ではもうひとまわり大きくなったかな?

f0344626_01084900.jpg

立ち上がるとちょうどお母さんの顔の高さ。
ライブカメラの向こうでは、今日もこうして何度も襲いかかっていました。

f0344626_01153017.jpg

お隣には、イッちゃん (Шилка) にそっくりなお父さん、カイ(クラーシン)が暮らしています。

f0344626_01325535.jpg

瓜二つ!

f0344626_23171250.jpg

カイお父さん、ゲルダお母さん。
弟くんの名前の発表が待ち遠しいですね!

[PR]
by vedett-melk | 2016-06-07 23:50 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

身動きがとれないまま、またしても現実逃避の最中ですが……数日前に夢に見たしろくまたちの嬉しい写真に出会いました。(以下、備忘録というかリンク集です。)

f0344626_01382125.jpg
©Новосибирский зоопарк

天王寺動物園のイッちゃんのお母さん、ノヴォシビルスク動物園のゲルダ1歳(!)の頃。
2007年11月20日生まれのゲルダ、上は2008年の写真だそうですが、体格からするともう少し大きい時期の可能性も……それでも今のイッちゃんより小さい頃の写真なんですね。

あどけなくもすでに美少女のまなざし。将来の豊満な体型を予感させるほんのり丸いお腹です。(^-^)

こちらのサイトには、同じく2008年11月14日、まだ1歳のゲルダとクラーシン(現カイ)の貴重な写真が。今と瓜二つの立ち姿、双子のような可愛さです。(^o^)

そして2010年1月17日(-30℃!)、2歳のゲルダ(左)とカイ(右)。

f0344626_01375889.jpg
©Ильнар Салахиев

大人っぽい面立ちのゲルダと、やんちゃそうなカイ。年齢的には今のイッちゃんくらいかな? 未来のパパとママ、それぞれにイッちゃんの面影を感じます。

その二年後の2013年12月11日、若いペアの間に生まれた初めての赤ちゃんが、シルカ(現イッちゃん)でした。

こちらのサイトには屋外登場後の素晴らしい写真がたくさん。そしてこちらは産室の中の様子とカイの写真も。惚れ惚れするほど美しい親子です。

2014年11月13日、親子は突然引き離されて別々の飼育となり、シルカは1歳のお誕生日をゲルダお母さんと一緒に迎えることができませんでした。(TT)
年が明けて2015年1月、カイとゲルダは一年越しの再会。(そのときのものかは不明ですが、二頭のハグ写真がこちら。)

f0344626_23531144.jpg
©Sib.fm

これを愛と呼ばずして…… ♡

その後、秋(たしか10月)まで二頭は同居を続け、11月にゲルダがいよいよ産室入り。
そして2016年。目下おこもり中のゲルダと、独り暮らしでちょっと寂しそうなカイ……雪の中、ゲルダが元気に出てくる日が待ちきれません。

ロシアのお父さんお母さん。日本で新年を迎えたイッちゃん (Шилка)、すくすく元気に育っていますよ。(^o^)

(以上、ロシアのファンの方がシェアされている写真から抜粋しました。)

[PR]
by vedett-melk | 2016-01-11 00:40 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)

天王寺動物園のシルカ/イッちゃんのお母さん、ノヴォシビルスク動物園のゲルダ。
2007年11月20日にモスクワ動物園で生まれ、今日で8歳のお誕生日を迎えました。

f0344626_08443785.jpg

お祝いに行けない分、ゲルダ、そして日頃、現地の様子を知らせてくださるロシアの方々へ感謝をこめて。
(ロシア語、文字数がぎっしりですが、読めるかな……?!)

f0344626_00565298.jpg

思えば、シルカ/イッちゃんを産んだときはまだ6歳(!)でしたね。
(上の写真は2014年の初夏、6歳のゲルダです。)

親愛なるゲルダ、お誕生日おめでとう!
あなたとカイにとって、素敵な一年になりますように。


[PR]
by vedett-melk | 2015-11-20 23:50 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)