カテゴリ:ヨーロッパの動物園( 12 )

二年半越しのエストニア・タリン動物園訪問記。
2014年5月に二日間訪ねたうち、初日の分をようやくアップしました。m(_ _)m

その間、フリーダさんが2016年末に第二子を出産、ノラちゃんがお姉ちゃんに。
本当におめでとうございます!(^o^)

そんな嬉しいニュースを知って、またエストニアを訪ねたい気持ちがふつふつと……
(と言う前に)あまりにも時間を要しましたが、以下、更新の新しい順に載せています。
よろしければご覧ください。

12日目(春のタリン旧市街)
12日目(タリン動物園⑤)
12日目(タリン動物園④)
12日目(タリン動物園③)
12日目(タリン動物園②)
12日目(タリン動物園①)
[PR]
by vedett-melk | 2017-01-03 23:42 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

今年のホッキョクグマお誕生日月間も11月後半に差しかかり、いよいよピークの気配。
毎日のように各地でお誕生日が祝われ、なかには新しい命が誕生している園もあるようです。

そのなかで、個人的にお祝いしたいのがエストニア、タリン動物園のノラちゃん。
2013年11月24日生まれの女の子、今年で3歳を迎えました。

f0344626_02433877.jpg
一昨年の5月に初めて現地に会いに行き、あまりの天使ぶりに一目惚れ。今年5月の旅の締めくくりにタリンを再訪し、念願の再会を果たしました。
……恥ずかしながら二年前のタリンの旅日記で止まっていますが、ノラちゃんのお祝いに、今年のタリン動物園で撮った写真の一部を載せておきます(2016年5月9日)。

すでにお母さんのフリーダさんとは別飼育でしたが、すくすくと成長し、お父さんのノルドさんの隣でたくましく独り立ちしています。

f0344626_02472355.jpg

ノラちゃん、3歳のお誕生日おめでとう!

f0344626_02505845.jpg

お隣に住むお父さんのノルドさん(15歳)。なんとノラちゃんとお誕生日が一緒!
一時期、ロシアのノヴォシビルスク動物園で暮らしていたこともあると、動物園の紹介文に書かれていました。

f0344626_02511107.jpg

さらにそのお隣にはお母さんのフリーダさん。女優のように美しい雌でした。

f0344626_02524074.jpg

プールのお水を入れ替えたあと、颯爽と登場したフリーダさん。

f0344626_02532787.jpg

お食事中のノルドさん。

f0344626_02535171.jpg

左:ノラちゃん、右:ノルドさん。
ちょっと分かりづらいですが、体格差を比べてみました。

f0344626_02580353.jpg
f0344626_02584658.jpg

タリン動物園は広大で気持ちの良い環境を活かして、ただいま全面的にリニューアル中。
ホッキョクグマ舎新設のための募金箱には、私も微力ながら協力させていただきました。

豊かな緑の中で、一日のんびりと過ごせるほっとする動物園。
ノラちゃんに出会えたことに感謝し、これからもずっとタリン動物園を応援していきたいと思います

近い将来、ノルドさん、フリーダさん、ノラちゃんの新しい家がきっと実現しますように。

[PR]
by vedett-melk | 2016-11-24 23:17 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

お詫び

どこから手をつけてよいか考えあぐねているうちに、とうとう二年越し……(◎_◎)
この数か月、あまりにも取り散らかった記事を更新できず、その間ブログに新機能が追加されていてびっくりしています。

やっと一息ついた今、時系列に順次整理中。
写真だけでもアップしていたのがせめてもの救いでした。(^_-)-☆

まずは二年半前のエストニア、タリン動物園(初日)から。

12日目(タリン動物園①)
※毎回同じようなことを書いている……面目ありません。

続きもしばしお待ちください。m(__)m

[PR]
by vedett-melk | 2016-10-17 01:11 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

(コメントはのちほど。)





[PR]
by vedett-melk | 2015-12-31 00:05 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

続々々々・タリン動物園。初日の分はこれで最後です。
14:20、お隣を覗くフリーダさん(今これを見ると、釧路のミルクを思い出す)。

f0344626_01452363.jpg

f0344626_01453152.jpg

立派な体格ですが、とっても身軽。
お隣のノルドさんと会話してるのかな……?

f0344626_01461461.jpg

f0344626_01491349.jpg

ようし、私だって!
(写真では分かりづらいですが)なんとノラちゃんも上の段に挑戦!

f0344626_01501904.jpg

ほら、見ててね!(高さ50センチ超)

f0344626_01503159.jpg

すっくと立ち上がるノラちゃん。(◎◎)

f0344626_01511553.jpg

f0344626_01512276.jpg

下の段からもひょいひょいっ!
こんなに華奢な体から想像もつかない腕力と脚力の持ち主でした。気をつけてね!

f0344626_01515305.jpg

14:50、お隣ではお父さんのノルドがお昼ご飯を待っていました。

f0344626_01524794.jpg

f0344626_01530130.jpg

15:00過ぎ、フリーダさんとノラちゃんもお昼の時間。
骨付き肉をもらいました。(^o^)

f0344626_01540476.jpg

f0344626_01543972.jpg

ノラちゃんが食べたそうなときは、基本的に娘に譲るフリーダさん。

f0344626_01551371.jpg

小さいけれど、主張するところはしっかり主張。

f0344626_01555783.jpg

おいしいね!

f0344626_01570062.jpg

f0344626_01570657.jpg

とはいえ子供にとってはお肉はおもちゃ。
遊び始めようとした矢先、フリーダさんがすかさずパクッ!

f0344626_21485856.jpg

これは食べるものなのよ。

f0344626_01573960.jpg

(またもや見えづらいですが)さらにお肉を取り返したノラちゃん。

f0344626_01575456.jpg

f0344626_01581423.jpg

16:15、お肉をくわえたまま段を登ろうとしたら……「あっ!」

f0344626_01583026.jpg

「見えない……」

f0344626_01584836.jpg

「もう!」

f0344626_01594383.jpg

柵の向こうとなると、フリーダさんもお手上げ。

その一部始終を隣で見ていたトレッキング姿の上品な老夫婦。そのご主人が、おやおやと言うように「ノーラ、○▲☆□◆▽◎」とエストニア語で話しかけながら、杖替わりにしていたスキー用のストックを上手に使って骨付き肉を拾い上げ、柵の中にひょいと戻してくれました。
思わず「ブラボー!」と言いながら拍手すると、何でもないというふうに微笑むご主人。
またお肉で遊び始めるノラちゃんを暖かく見守っていました。(TT)

f0344626_02002274.jpg

「おじいさん、ありがとう!」
やはり常連さんらしく、そのご夫婦が去っていくまでずっと、フリーダさんが目で追っていました。(^_^)

f0344626_02003943.jpg

f0344626_11115770.jpg

やっぱり段に登りたくて、またしても落っことしそうなノラちゃん。
フリーダさん、「今度は気をつけるのよ」と言っているみたいでした。(^_^)

f0344626_11172093.jpg

f0344626_11174921.jpg

今度は手を空っぽにして柵登り。
白いミトンをはめたみたいなノラちゃんの手、握手したい……(^-^)

f0344626_11200513.jpg

この日は平日。遠足の子供たちを除くと親子連れや年配のお客さんが多く、口々にノラちゃんや両親の名前を呼んでいました。
地元の人々に親しまれ、愛されていたノラちゃん。

f0344626_11202062.jpg

16:45、授乳を求めて鳴き始めたノラちゃん。
翌日も来る予定だったので、親子が室内に入ったところを見届けて動物園をあとにしました。
フリーダさん、ノラちゃん、ノルドさん、また明日!

f0344626_11203693.jpg

かつての園長さんを記念したメダル風石碑。

f0344626_11210260.jpg

f0344626_11210717.jpg

f0344626_11211207.jpg

f0344626_11213310.jpg

行きは見過ごしていたカフェ風の古い建物。
遠征中、お昼は抜きがちですが、次回訪ねてみたいです。

f0344626_11214066.jpg

熊らしき石像。ペルミの熊さんを思い出して、お鼻を撫でてきました。(^_^)

f0344626_11215592.jpg

f0344626_11220034.jpg

帰り道は6番のトロリーバスに乗って、旧市街へ戻ります。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2015-11-21 22:47 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

続々々々・タリン動物園初日。ここからやっと午後の部です。
12:00過ぎ、ホッキョクグマ舎に戻ると、お母さんと見つめ合うノラちゃん。

f0344626_22495880.jpg

タイヤの中に落っこちてしまわないかと思うほど、ちっちゃくて華奢な赤ちゃん。(^_^)

f0344626_22501653.jpg

このとき、お隣にやってきた常連さんらしき年配のご夫婦。
「フリーダ! ノーラ!」と呼びながら、おもむろにりんごを取り出して投入……

f0344626_22503596.jpg

美味しそうに食べるフリーダとノラちゃん。
すごく人のよさそうなご夫婦だったというからではなく、ロシアの動物園で似たようなシーンを何度も見かけていたせいか、驚かなくなっている自分に驚きました。(^_-)-☆

f0344626_22505223.jpg

小さな山と大きな山。

f0344626_22510169.jpg

ああ……可愛い……(TT)

f0344626_22514723.jpg

12:40、親子がお部屋に入り、お昼寝タイム。
先ほどと逆の方向に向かって、周辺を散策してみました。

f0344626_22520702.jpg

左端から見たホッキョクグマ舎の並び。クマ科の仲間たちはここに住んでいます。

f0344626_22522143.jpg

子供のころ、『12の月たち』という絵本で見たのとよく似た白い花が一面に。
たしか「マツユキソウ」だったような……小川も流れています。

f0344626_22524202.jpg

辺りを散歩していても、親子が起きたかも、と思うと気が気でなくて、すぐに戻ってしまう……
ホッキョクグマ舎の横には、イベントで使われたらしい大きな木の枝が。

f0344626_22525028.jpg

13:00過ぎ。今回、動物園のホッキョクグマに会いにやってくるお客さんの写真も撮るように心がけました。
なかでも気に入っている一枚です。

f0344626_22530598.jpg

ノラちゃんのお父さん、ノルドさん。しきりに空気の匂いを嗅いでいます。

f0344626_22532326.jpg

やっぱりお隣が、

f0344626_22533432.jpg

気になる。

f0344626_22534861.jpg

立ち上がった後は、隅でひと休み。

f0344626_22535999.jpg

13:20、お昼寝から目覚めたフリーダさんとノラちゃん。
こうして見ると、ウスラーダさんの雰囲気もあって、やっぱり姪御さん。(^_^)

f0344626_22542060.jpg

正面から見ると、上から二枚目の写真のノラちゃんそっくり。

f0344626_22544117.jpg

ふと左を見ると……貸切!

f0344626_22545275.jpg

f0344626_22550531.jpg

親子そろって美人さん。

f0344626_22552086.jpg

檻はあっても、

f0344626_22554340.jpg

心は近く。

f0344626_22555637.jpg

今度はこちら側から覗くフリーダさん。

f0344626_22561733.jpg

お隣のノルドさんも、

f0344626_22571798.jpg

あなたと赤ちゃんを気にしていますよ。(^-^)

f0344626_22572755.jpg

ほんの(でも決して近づけない)数メートルの距離を挟んで、親子三頭がすぐそばにいるのを実感。
ずっとここにいられたら……と心から思った午後でした。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2015-11-19 23:07 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

続々々・タリン動物園初日。
11:10、ホッキョクグマ舎に戻ると、フリーダさんがお外に!

f0344626_22231278.jpg

(ピント合わせに苦心し、縦の写真が多くなっていますが)女優のようにきれいなフリーダさん。

f0344626_22232389.jpg

と思ったら、剽軽なポーズも。(^-^)

f0344626_22233084.jpg

黄色と黒の帽子がお似合いですね。

f0344626_22240168.jpg

帽子を脱いだところにじゃれつくノラちゃん。

f0344626_22241129.jpg

「お水の中って気持ちいいのよ!」(また被っている)

f0344626_22242136.jpg

「ほら!」……きょとんとするノラちゃん。

f0344626_17584064.jpg

「お母さんはあんなに楽しそうだけど……お水はまだちょっとこわいな」

f0344626_22243259.jpg

ひと泳ぎすると、11:30頃、授乳開始。
フリーダさん、この後もお乳は屋内であげていました。

f0344626_18130032.jpg

f0344626_18140877.jpg

聞こえるのはかすかなささ鳴きと小鳥の声。
なんだか野生動物を観察しているような気分。(^-^)

f0344626_18164710.jpg

f0344626_22245099.jpg

11:40、お外に出てきた親子。

f0344626_22482278.jpg

f0344626_22483082.jpg

白い天使!!
お腹いっぱいで眠たくなったかな? と思っていたら、目の前に来てくれました。

f0344626_22484218.jpg

続いてフリーダさん。親子とも好奇心いっぱい!(^o^)

f0344626_22484933.jpg

11:50、後ろ髪を引かれつつ、いったんホッキョクグマ舎を離れて、トイレの場所を確認がてら付近を一周。

f0344626_22491355.jpg

桜とレンギョウとタンポポ、なんだかほっとする組み合わせ。

f0344626_22492696.jpg

花弁の開きが小ぶりで、日本の桜と少し違う品種に見えました。

f0344626_22494191.jpg

園内でよく見かけた子供用の手押し(引き)車。
私も子供だったら絶対乗りたいと思う。

f0344626_22494961.jpg

気持ちのいい春の空気。新緑を背景に、平和な風景が広がっていました。

(続く)
[PR]
by vedett-melk | 2015-11-18 23:46 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)

エストニア、タリン動物園初日の続き(といっても、まだ午前の部ですが……)。
10:25、飼育員さんがやってきて、お水入れ替えのため、プールの栓が抜かれました。
ごおおおっという音につられて近寄るノラちゃん。近い!

f0344626_22182429.jpg

ロシアもそうでしたが、ホッキョクグマ担当は女性の飼育員さんが少なくないようです。
いいなあ……(^-^)

f0344626_22190100.jpg

(ピンぼけですが)水位が下がっていくプールの脇で。


ホッキョクグマ舎はだいぶ年季が入っていますが、二つをつないで広々使えるようにしてありました。
おもちゃは種類も数も豊富。穴が開いている玉があって、よく見たらボーリング玉!


フリーダさんはとにかく明るく元気なお母さん。ノラちゃんを上手に遊びに誘います。


f0344626_22192289.jpg

ノラちゃん、近い!

f0344626_22193237.jpg

タイヤと比べても、

f0344626_22194309.jpg

筒と比べても、ちっちゃかったノラちゃん。

f0344626_22195351.jpg

可愛い……(^-^)

f0344626_22200009.jpg

身長測定。ちょうど網と同じくらいの高さでした。

f0344626_22201424.jpg

水位がだいぶ下がってきたので、中に降りてみるノラちゃん。

f0344626_22204300.jpg

寄付を募る看板。園内は基本的にエストニア語とロシア語の二言語表記になっています。

f0344626_22205765.jpg

お掃除のため、いったん中に入った親子。
小さなプールが左右にひとつずつ。近い将来、ノラちゃん一家のおうちが無事にできあがりますように……

f0344626_22210567.jpg

屋外に登場したばかりのノラちゃんの記念写真。ここは三言語表記でした。

f0344626_22212096.jpg

こちらも(重要)。語学の勉強に役立ちます。(^_^)

f0344626_22213494.jpg

先ほどと同じ募金を呼びかけるポスター。
ノラちゃんではないこぐまの写真が使われていました(たぶんハイブリッド)。

f0344626_22214236.jpg

11:00、親子が中に入っている間、近くの遊歩道を散策。
大らかな雰囲気の掲示板です。

f0344626_22214933.jpg

菜の花のような黄色が広がって、気持ちのいい眺め。

f0344626_22221857.jpg

案内板の矢印に従って屋内展示場に入ってみると、リクガメがお食事中。
美味しそうな春のサラダでした。(^o^)

f0344626_22222920.jpg

こちらは齧歯類(名前を控えてくるのを失念)のメニュー。
オレンジとひまわりの種、こちらも美味しそう。

f0344626_22223755.jpg

f0344626_22224630.jpg

ガラス飼育器の中にも、小さな春。(^_^)

f0344626_22230070.jpg

その裏手には、広々としたゾウ舎!
とにかく広大な敷地の中で、動物たちが気持ちよく暮らしている雰囲気が伝わってきます。

(続く)

[PR]
by vedett-melk | 2015-11-17 23:17 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(2)

最後の投稿から一か月以上のブランク……(*o*)
もはや年の瀬も見えてきましたが、遅まきながら続きを更新していきたいと思います。

その後、ロシア、サンクトペテルブルクを出発し、高速バスに乗ってバルト海沿岸のエストニアへ。
翌日、初の遠征の締めくくりとして、ここタリン動物園にやってきました。

(現在、トロリーバスのルートが変わって動物園行きは通常の路線バスのみになっているようです。)

8:30過ぎ、旧市街の宿を出て大通りまで歩き、動物園行きのトロリーバス停留所へ。
乗り場がよく分からなくて迷いましたが、地図を頼りに勘で行ってみると、バスの到着まであと何分と表示された電光掲示板を発見。
(ガイドブックにはキオスクでトロリーバスの切符が買えると書いてありましたが、二軒行ったキオスクではどちらも、車内で買うようにと言われました)

8:50、トロリーバスに乗車。車内の運転席の後ろに入れ物があり、そこにお金を入れるとお釣りと切符(に相当するレシート)をくれる仕組みでした。一回の乗車券は1.6ユーロ。

初めて乗るトロリーバスに緊張して車内アナウンスをよく聞き取れず、ひとつ手前のバス停で降りてしまい、一瞬パニックに。
結局500メートル以上歩く羽目になり、さらに次のトロリーバスに追い越される羽目に……急がば回れ。(^_^;

念のため、もう一台のトロリーバスから降りてきた男性に動物園の場所を確認。右手にバルト海を眺めながらついていくと、中央分離帯にようやくタリン動物園の看板が(ほっ)。

f0344626_22073153.jpg

開園時間をだいぶ過ぎて、9:30頃、正門前に到着。

f0344626_22075046.jpg

入園料は大人7ユーロ。券売所の表記は(アルファベットが違いますが)ロシアと同じくKASSA。

f0344626_22080351.jpg

この日も、雨の予報が思いがけず快晴。遠くの木には、梅のような桜のような白っぽい花が咲いています。

f0344626_22081166.jpg

f0344626_22081752.jpg

正面には、フリーダさんとノラちゃんの写真のついた募金箱。ノラちゃんを今後も同園で飼育し続けるために、ホッキョクグマ舎整備の資金を募っていることを出発前に知り、微力ですが今回の旅の目的のひとつにしたいと思っていました。
が、肝心のお金の入れ方が分からない……(汗)帰りがけに正門で聞いてみることにして、まずはホッキョクグマ舎へ向かいます。

f0344626_22082520.jpg

そばには、くまさん(?)な銅像。
(ペルミの広場にいた熊の像を思い出し、こちらも帰りにお鼻を撫でてきました)

f0344626_22083860.jpg

入口の横にあった、去年から今年にかけて生まれた赤ちゃんたちの写真と誕生日が書かれた掲示板。
動物園がそれぞれの誕生を心から喜んでいることが伝わってきます。

f0344626_22084438.jpg

フリーダさんとノラちゃん(2013年11月24日生まれ)。早く会いたいな……(^_^)

f0344626_22085166.jpg

園内マップ。ひ、広い……

f0344626_22090556.jpg

f0344626_22091442.jpg

先ほどの木。近づいて見てみると、小ぶりの桜という感じ。急に日本を思い出しました。

f0344626_22092588.jpg

f0344626_22093345.jpg

カフェの横で流れていた産室内のモニター映像。どれも懐かしいシーンです。(^-^)

f0344626_22094797.jpg

ここにもしろくま。

f0344626_22101071.jpg

桜とレンギョウの組み合わせ。またもや日本を思い出します。

f0344626_22102739.jpg

森の中を歩いているような気持ちのいい敷地内。地図を確かめながら、ときどき飼育員さんが自転車や車で通りかかる広い道をひたすら歩いていくと……

f0344626_22104007.jpg

9:50、ホッキョクグマ舎に到着。 あなたは……フリーダさん!



古い檻を二つつなげた飼育スペース。プールも本当に小さいのですが、おもちゃはたくさん用意してくれていて、しろくまたちの息遣いや足音がすぐそこに聞こえる近さ(日本で言うと姫路市動物園)。
なにより生き生きした親子の姿が素晴らしくて、胸がいっぱいになりました。

f0344626_22104849.jpg

協賛企業(飲料水?)のノラちゃん看板。

f0344626_22105601.jpg

こちらは三言語表記。

f0344626_22110961.jpg

もふもふのフリーダさんはきりりとした美女。毛がふわふわ飛んでくるほどの距離で、立ち上がると大迫力!
ウスラーダさんの姪御さんにあたるそうで、たしかに雰囲気がよく似ています。

f0344626_22111540.jpg

飼育員用通路を挟んでお隣は、ノラちゃんのお父さん、ノルドさんのお部屋。



f0344626_22120407.jpg

精悍なノルドさん。可愛いノラちゃんをありがとうございます!

f0344626_22121705.jpg

やっぱり気になるお隣。

f0344626_22124558.jpg

こちらもスポンサー(たぶん)によるノルドさんの看板。

f0344626_22125834.jpg

何度も立ち上がってお隣を覗こうとするノルドさん。
檻にこびりついた換毛後の毛、ほしい……

ときどきノラちゃんが授乳を求めて大きな声で鳴いて、塀の外にも聞こえてきたので、ノルドさんも娘の存在は感じていたはず。
ノルドさんの鼻息もかなり大きかったので、塀越しにパートナー同士(あるいは親子)で挨拶していたのかもしれません。

ノルドさん、フリーダさんもノラちゃんも、とっても元気ですよ!

(続く)
[PR]
by vedett-melk | 2015-11-16 23:05 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(2)

3日(土)の被災後、今も大変な状況が続く南仏・アンティーブのマリンランド。
何か新しいニュースがないかと祈るような気持ちで探していると(ほとんど見つからなかったのですが)、昨日6日のニュース映像 (franceTV) があったので、リンクを張っておきます。。

(2:00あたりから、開かなくなってしまったシャッターをこじ開け、電源が落ちた冷凍庫から大量のお魚を片付ける厳しい面持ちのスタッフの方々……(TT) )

現地はだいぶ落ち着いてきてはいるようですが、電気系統も餌の確保も、一刻も早く安定しますように。

f0344626_01523417.jpg

「従妹のホープちゃん、どうしてるかな……?」(ミルクより)

一方、フロッケ一家については相変わらず音沙汰がなく、気がかりです……
もし詳しいことをご存じの方がいましたら、ぜひお知らせください。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

[PR]
by vedett-melk | 2015-10-07 23:11 | ヨーロッパの動物園 | Trackback | Comments(0)