皆が君を見守っている

先週3月9日にロスチク君がゲルダお母さんと離れ離れになって、今日で五日目。
ライブカメラでは現地の詳しい様子はわかりませんが、地元のファンの方々もやはり心配されていて、ロシアのイッちゃんファンのサイトでは親子を励ますコメントが続々と載っています。
ゲルダとロスチク君が呼び合っているような台詞つきの写真に、思わず涙……

f0344626_01334907.jpg

そして、いつも素敵な詩を投稿してくださっている方が、ロスチク君を励ます詩を綴っておられました。
前にご紹介した詩は天王寺のイッちゃんに届けたいと思いましたが、ロスチク君にはこの詩を聞かせてあげたい……(TT)

しろくま語はおろか、ロシア語もろくに話せませんが、ロスチク君を応援するつもりで日本語訳を試みてみました。拙い重訳ですが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。
(この場をお借りして無断転載をお詫びします)

f0344626_02411816.jpg

РОСТИК, мы все знаем, как тебе сейчас тяжело, но поверь и нам всем сейчас не легче.

Держись Ростишка, во что бы то ни стало,
Держись дружок, хотя тебе так тяжело,
И как бы жизнь тебя тут не "трепала",
Ты очень сильный, знаем это мы давно,

Сейчас, когда тоска сжимает,
Твоё обиженное сердце как тиски,
Когда тебя уныние донимает,
И кажется, что в мире нет совсем любви,

Но ты пойдёшь вперёд, преодолев преграды,
Не будет сил, но всё равно пойдёшь,
Твои друзья всегда с тобою рядом,
Они уверены, что счастье ты своё найдёшь,

Смелее Ростик, будет всё, как надо!
Проходит ночь и солнышко встаёт,
Поверь в себя! В друзей и в свои силы!
И легче будет двигаться вперёд,

Всё будет ХОРОШО - пройдут невзгоды,
Пробьётся тёплый луч, в душе утихнет шторм,
И заиграет мир безоблачной лазурью,
Мелодию сменив с минора на мажор!!!

ДЕРЖИСЬ ДРУЖОК!!!

© Евгений Дульцев

f0344626_02385265.jpg

ロスチク、君が今どんなにつらい気持ちか僕たちは皆知っている
でも信じてほしい、僕たち皆にとって今が容易くないことを

頑張れ、愛しいロスチク、何が何でも
頑張れ、君にとってどんなにつらくでも
そして人生がどれだけ君を揺さぶっても
君はとても強い子だ、僕たちはそのことをずっと知っている

今、絶望に押しつぶされそうなとき
君の傷ついた心は万力のようだ
君が肩を落としているとき
そして世界に愛がなくなってしまったと思うとき

でも君は前に進む、ハードルを乗り越えて
頼れる力はなくても、君は進み続ける
友だちはいつも君と一緒にいる
君がいつか幸せを見つけると信じている

勇敢なロスチク、すべてはなるべきようになる
夜が過ぎ去れば、太陽が昇る
自分を信じて、心強い友だちを信じて
そうしたら、前に進むのが楽になる

すべてはうまくいく――つらいこともあるだろう
暖かい光が差し込み、魂の嵐がおさまれば
雲ひとつない青空の世界が広がるだろう
メロディーは短調から長調に変わる

友情をこめて

(©Evgeny Dultsevさん)

f0344626_01331879.jpg

ロスチク君なら、この逆境をきっと乗り越えられるはず。
あなたのお姉ちゃんの住むこの日本で、新しい一歩を心から応援しています。

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/27642902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2017-03-15 23:48 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)