幼い日のイッちゃん (Шилка) の両親

身動きがとれないまま、またしても現実逃避の最中ですが……数日前に夢に見たしろくまたちの嬉しい写真に出会いました。(以下、備忘録というかリンク集です。)

f0344626_01382125.jpg
©Новосибирский зоопарк

天王寺動物園のイッちゃんのお母さん、ノヴォシビルスク動物園のゲルダ1歳(!)の頃。
2007年11月20日生まれのゲルダ、上は2008年の写真だそうですが、体格からするともう少し大きい時期の可能性も……それでも今のイッちゃんより小さい頃の写真なんですね。

あどけなくもすでに美少女のまなざし。将来の豊満な体型を予感させるほんのり丸いお腹です。(^-^)

こちらのサイトには、同じく2008年11月14日、まだ1歳のゲルダとクラーシン(現カイ)の貴重な写真が。今と瓜二つの立ち姿、双子のような可愛さです。(^o^)

そして2010年1月17日(-30℃!)、2歳のゲルダ(左)とカイ(右)。

f0344626_01375889.jpg
©Ильнар Салахиев

大人っぽい面立ちのゲルダと、やんちゃそうなカイ。年齢的には今のイッちゃんくらいかな? 未来のパパとママ、それぞれにイッちゃんの面影を感じます。

その二年後の2013年12月11日、若いペアの間に生まれた初めての赤ちゃんが、シルカ(現イッちゃん)でした。

こちらのサイトには屋外登場後の素晴らしい写真がたくさん。そしてこちらは産室の中の様子とカイの写真も。惚れ惚れするほど美しい親子です。

2014年11月13日、親子は突然引き離されて別々の飼育となり、シルカは1歳のお誕生日をゲルダお母さんと一緒に迎えることができませんでした。(TT)
年が明けて2015年1月、カイとゲルダは一年越しの再会。(そのときのものかは不明ですが、二頭のハグ写真がこちら。)

f0344626_23531144.jpg
©Sib.fm

これを愛と呼ばずして…… ♡

その後、秋(たしか10月)まで二頭は同居を続け、11月にゲルダがいよいよ産室入り。
そして2016年。目下おこもり中のゲルダと、独り暮らしでちょっと寂しそうなカイ……雪の中、ゲルダが元気に出てくる日が待ちきれません。

ロシアのお父さんお母さん。日本で新年を迎えたイッちゃん (Шилка)、すくすく元気に育っていますよ。(^o^)

(以上、ロシアのファンの方がシェアされている写真から抜粋しました。)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/24852965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 怜草(Koya) at 2016-01-11 16:55 x
本当に、本当に、美しいゲルダお母さんとシルカちゃんですね。彼女とクラーシンの幼い頃の写真も見せてもらえて嬉しいです。ありがとうございます。
今季、すでにイッちゃんの妹か弟が生まれていると嬉しいのでが♪ 発表が待ち遠しいですね。
Commented by vedett-melk at 2016-01-12 23:50
> 怜草(Koya)さん
ゲルダとカイ(クラーシン)、1歳になる前から一緒だったんですね。まさに『雪の女王』のような運命のカップル……(^-^)
そうしてイッちゃんが生まれてきたんだなあと思うと、改めて感激します。
ノヴォシビルスク動物園の最近の写真を見ると、ゲルダのいる側に立ち入り禁止のテープが張り巡らされていて、子育てしているのはほぼ間違いないようです。初登場の日が待ち遠しいですね☆

by vedett-melk | 2016-01-11 00:40 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)