10日目(レニングラード動物園①)

……あまりにも不定期な更新ですが、ロシア、レニングラード動物園二日目、再開します。
旅の後半、疲れが溜まってくるのを見越して移動は減らし、ここサンクトペテルブルクは少し長めに、二泊三日の日程を組んでいました。

7:30、外は曇り。薬を大量に飲んで寝たものの、前日の寒さのせいでどうも風邪を引いた気が……やはり予感的中。(^_-)-☆
三日間のうち、二日は動物園に行くつもりでしたが、この日の予報は雨。
最終日に備え、大事をとって静養に充て、気分がよくなったら近くのエルミタージュ美術館にマティスを見に行こうと思いながら、二度寝……

9:30、また目が覚め、カーテンを開けてみると外は晴れ!(^o^)
(考えてみると)この日は月曜日、美術館はお休み。ということは、動物園に行ける!

……宿にカメラのバッテリーを忘れる等々、遠回りの末、11:30頃、ようやく到着。
体調が良ければ歩いたところ、入園料(400ルーブル)とほぼ同じ額のタクシー代もかかりましたが、気を取り直して動物園へGO!

f0344626_00152602.jpg

晴れ渡るホッキョクグマ舎。向こうに見えるのは、白い背中ふたつ。

f0344626_00154967.jpg

ウスラーダさん! 赤ちゃん!!
(この瞬間、具合の悪いのも忘れていました。((^^;)

f0344626_00165235.jpg

赤ちゃん、いそいそと。(^-^)

f0344626_00165955.jpg

11:35、さっそく授乳開始。

f0344626_00171789.jpg

ウスラーダさん。かっこいいお母さん(^o^)

f0344626_00172339.jpg

この日の授乳時間も、規則正しく約5分。
雲の流れが早く、あっという間にお日様が顔を出しました。

f0344626_00203753.jpg

ねえ、おかあさん。

f0344626_00204856.jpg

まだ飲みたいの。

f0344626_00215564.jpg

平日のせいか、昨日よりもお客さんは少なめ。
帰国後、何か月か経ってレニングラード動物園の動画をYouTubeで見ていたら、この日お見かけした髭の長いおじいさん(私の隣で、ウスラーダさん親子を一生懸命デジカメで撮っていました)が偶然映っていて、嬉しくなりました。

この日、ホッキョクグマ舎の隣の猛獣舎の小屋は改修工事中。足場の高いところから左官のお兄さんたちがウスラーダさんたちを眺めていて、もしかしてここよりよく見える? ちょっと羨ましかったです。

f0344626_00222370.jpg

Zzzz...

f0344626_00223089.jpg

11:55、日差しが暖かくなってきて、眠たげな親子。
ウスラーダさんは奥、赤ちゃんはお気に入りの岩を枕に、うとうと……

お隣の足場から聞こえてくるトンカチや電気のこぎりの音がうるさくて、ときどき起きてしまいますが、それでも音が止むと、Zzzz...

ここで、YouTubeで見つけたウスラーダさんと赤ちゃんの産室内の動画をどうぞ。


ウスラーダさんのふかふかの毛と愛情に包まれて、すくすくと成長した赤ちゃん(のちのザバーヴァちゃん)。
2013年12月6日生まれの可愛らしい女の子。私が訪ねたころは、ちょうど5ヶ月齢くらいでした。

現在はウドムルト共和国のイジェフスク動物園で、パートナーと一緒に元気に暮らしているとのこと。すくすくと成長したザバーヴァちゃん、もう一度会いたいなあ……(^-^)

(続く)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/24402498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2015-08-25 23:53 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)