9日目(レニングラード動物園③)

昨年5月のロシア、レニングラード動物園初日、午後の部。
(写真を少し追加しました。)

f0344626_00035633.jpg

12:00過ぎ、つま先立ちで辺りを睥睨するウスラーダさん。

f0344626_01290676.jpgf0344626_01291290.jpg

メンシコフさん(1989年生まれ)とウスラーダさん(1987年生まれ)の紹介コーナー。ウスラーダさんのほうが二つ年上なんですね。(^-^)

今回訪ねたロシアの動物園で、動物の名前や生年月日を掲示していたのはここだけ。(このレニングラード動物園内でも、名前と写真つきで紹介されていたのはホッキョクグマだけだったと思います。)
海外の動物園では基本的に動物の名前を載せないそうですが、正門前の巨大な肖像画といい、動物園側がこのペアを誇りに思っていることがよく伝わってきました。

f0344626_00051466.jpg

こちらをときどき一瞥。
歩いているだけでひれ伏したくなるほど、なんとも高貴な威厳が漂っていました。

f0344626_23432379.jpg

おや?
ウスラーダさんが降りてきました。

f0344626_23433185.jpg

すでに潜水が得意なこの赤ちゃん。ひとりで赤いブイを追いかけて、どんどん潜っていってしまい……

f0344626_23434324.jpg

それでも、お母さんを安心させようと(?)ちゃんと戻ってきます。

f0344626_00052503.jpg

悠々と歩き回りながらも、我が子をしっかり視界に収めるウスラーダさん。
お母さんの存在を意識しながら、赤ちゃんも安心して遊んでいました。


ウスラーダさんの16頭目の赤ちゃん(のちのザバーヴァちゃん)。
今度は青いブイに夢中!(^-^)

f0344626_00062215.jpg

おかあさん!

f0344626_00074378.jpg

お尻をガブッ!

f0344626_00075369.jpg

(ウスラーダさんの足さばきが素早くて)勢いあまって、すてん!

f0344626_00080239.jpg

それでも食らいつく娘。

f0344626_00081187.jpg

おかあさん、待って!

f0344626_00090429.jpg

12:40、やっぱりこれを待っていた。開園後、二度目の授乳でした。

f0344626_00092097.jpg

お腹がいっぱいになって、寝起きのようにきょとんとした赤ちゃん(このときの授乳も5分弱)。
ときどき赤ちゃんの匂いを嗅いだり、頬ずりしたり。ウスラーダさんのさりげないスキンシップ、優しさが滲み出て素敵でした。

f0344626_00103550.jpg

何をしても堂々たるウスラーダさん。貯金箱座りも立派でした。
f0344626_00084402.jpg

やっぱりこの岩が好き(あとで枕にもしていました)。

f0344626_00140725.jpg

並んでみると、やっぱり親子。
ウスラーダさんも赤ちゃんのころ、こんなふうにちっちゃくて可愛かったんだろうな、と想像していました。

f0344626_22575011.jpg

13:00、ときどきこうして段差を利用して、ウスラーダさんにじゃれます。(^-^)

お昼過ぎ、だんだん日向は暖かくなってきたとはいえ、気温は一桁台(!)。
このあとも寒さと闘いながらガラス越しに貼りついていましたが、やはり厚着が足りず、デジカメのバッテリーとともに、どんどんエネルギーが低下していきます……。

(続く)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/24382282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2015-08-19 23:28 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)