7日目(ノヴォシビルスク動物園⑩)

連休を過ぎると、5月ももう半ば……(◎◎)
少し前ですが、天王寺動物園のブログを見て胸がいっぱいになりました。

休園日のイッちゃん

お外に出てまだ間もないのに、バフィンさんに自分から歩み寄ろうとするイッちゃん。優しい子ですね。
時間とともにバフィンさんの心に届いて、少しずつ距離を縮めていけますように。

昨年5月のロシア訪問記。とうに一年経ってしまいましたが、ノヴォシビルスク動物園、いよいよ最終回。(コメント未投稿のものは追々……)

f0344626_21090523.jpg

16:45、こわごわプールに入った赤ちゃん(シルカ/イッちゃん)。
お母さんのゲルダ、そばで優しく見守っています。

f0344626_21091311.jpg

と思ったら、ポリタンを持って、すいーっとカメラのフレームの外へ……

f0344626_21092263.jpg

階段の一番上は、足がつくくらいに浅く水が張ってあるので大丈夫。
つかまり立ちも可愛いね。

f0344626_21094572.jpg

余裕の笑み。(^-^)

f0344626_21095335.jpg

ようし。

f0344626_21100203.jpg

うちの子、今に泳げそうよ。

f0344626_21101509.jpg

(そしてまたお客さんのほうに去っていくゲルダ……)

f0344626_21102483.jpg

お母さんが手を離した隙に漂ってきたポリタンク。(このときは見送りました。)

f0344626_21103758.jpg

……その後、いったん陸にあがって休憩。
横に転がっているのは、何者かが投げ込んだバナナです。(^_-)-☆

f0344626_21112577.jpg

一息ついて、ふたたび挑戦!

……この直後、カメラの二つ目のバッテリーが尽きてしまい、残念ながら写真はここまで。
このあともう少し親子のそばにいましたが、赤ちゃんは首までプールに浸かって遊んでいました。(^-^)

この日の最高気温はたぶん20℃以上。「シベリア」というだけで無駄に厚着してきた私は早々に電池切れ……
16:55、後ろ髪を引かれつつ、ゲルダと赤ちゃん、クラーシン(現カイ)にさよならしました。

ここで、今まで書こうかどうか迷っていたことについて。
悲しいことに、ノヴォシビルスク動物園のホッキョクグマ舎への食べ物の投げ込みは、今回訪ねた動物園の中で一、二を争う多さでした。
(逆に投げ込みを見かけなかったのは、7園中ペルミとエカテリンブルクのみ)

ゲルダと赤ちゃんのいる展示場の前には、開園直後からトランシーバーを持った制服姿の警備員さんが3、4人立って、一見ものものしい雰囲気。
とはいえ、警備というより来園者に交じって親子に目を奪われていて(気持ちはわかりますが)、その間、来園者による食べ物の投げ込みを少なからず目撃しました。

暑い日だったこともあり、ひどいときはコーンのカップに入ったアイスまで投げ込まれる始末!(◎◎)
モスクワ動物園ですでに驚愕していたとはいえ、ノヴォシビルスクでも最初見たときはショックで固まりましたが、その後、投げ込みを見るたび警備員さんのところに行って、知っている限りの英語とジェスチャーで、りんごやらアイスやら投げ込まれたものを身振り手振りで伝え、厳しく注意してほしいとまくしたてました。

ところが……
何をしても通じない! 私の手話がまずかったのかもしれませんが、一人にいたっては"I can't speak English."と返されました。(←今しゃべってますが!)

気づくと、逆に私のほうが怪しまれてきた様子……人だかりも増え、警備員さんに近づくのもだんだん難しくなってきて、こんなとき、ロシア語が話せたら……(TT)

周りには止める人もなく、お客さんは投げ込みに向かってダイブするゲルダを見て、むしろ喜んでいる様子。
(ちなみに、飼育員さんらしき人は見つけられませんでした。)
閉園前に動物園を出たのは、単にカメラのバッテリー切れだけではなく、徒労感もあったかもしれません。

炎天下の帰り道、投げ込みに晒される親子に何もしてやれなかったことが不甲斐なく、申し訳なくて、だんだん具合が悪くなってくる始末。(*_*)
大量の薬と栄養ドリンクを飲んで明るいうちに寝ましたが、腹が立って眠れず……考えてみると、私が動物園にいたのはほんの一日。実は日々起きていることなのかと悶々とするうち、夜になりました。

f0344626_21111775.jpg

オビ川の向こうに暮れていくノヴォシビルスクの夜。
21:56、ホテルから見えた駅舎です。

名残惜しいけれど、またきっと会いに来ることを誓って。
明朝7時にタクシーを予約。次の目的地に向かいます。

(続く)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/24005600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2015-05-13 23:15 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)