5日目(エカテリンブルク動物園④)

続・エカテリンブルク動物園のお食事タイム。
先に雌のアイナが、お掃除の終わった右側の仕切りに戻ってきました。

食後の腹ごなし。食べる姿も歩く姿も輝いていて、惚れ惚れ。..:*・゚:+*☆.:*・゜

f0344626_07521699.jpg

今回はペルミ→エカテリンブルクの順番でしたが、もし次に来る機会ができたら、エカテリンブルク→ペルミにして、アンデルマさんにお嬢さんの成長ぶりをご報告できたらなあ、と夢想(妄想)。まだ最初の旅も終わっていませんが……

14:20、いよいよウムカの番。

f0344626_00582299.jpg

重たい戸が持ち上げられ、満を持して入場。

f0344626_00582854.jpg

先ほどのお肉、目測で40センチはありそうなサイズ。「何のお肉ですか」「好きな食べ物は何ですか」etc.、動物園用の会話集があったらな……(その前に、先方の返事を聞き取れるようになる必要がありますが(^_-)-☆)

ちなみに今回持参した旅行会話集は、タクシーに乗るときの例文が「動物園までお願いします」、使い勝手もよかったです。

f0344626_00583394.jpg

ついさっきまでそこにいたアイナに比べ、一回りも二回りも大きいウムカ。
相対的にお肉も少し小さく感じます。(それにしても大きい)

f0344626_00584291.jpg

おそろいの縞模様。


f0344626_00590525.jpg

斜めストライプ。

f0344626_00594045.jpg

オカピ風。

f0344626_01001348.jpg

目盛り入り。

f0344626_00120835.jpg

ウムカの体長、何メートルかな……?

f0344626_00114868.jpg

お食事タイムに集まった飼育員さんは5、6人。掛け声をかけながら、力を合わせて戸を開閉したり、お掃除したりとチームワークを発揮していました。
半分以上は女性で、パンキッシュな若者もいて、かなり自由な雰囲気です。(ここの飼育員さんも、「生まれ変わったら」リストに追加。)

f0344626_00314045.jpg

きれいに食べ終えて、戸の前で待機。
施設はかなり古くて年季が入っていますが、アイナともども、大切に育てられていました。

f0344626_00314601.jpg

f0344626_00315206.jpg

まだかな。

f0344626_01004203.jpg

14:30、くつろぐアイナ。

f0344626_01004949.jpg

日射しを浴びて、神々しいまでの美しさ。。..:*・゚:+*☆.:*・゜

f0344626_01005844.jpg

手先のお手入れ。またもやアンデルマさんを思い出します。

f0344626_01011367.jpg

あくびをしても美しいお顔。

f0344626_01011913.jpg

お腹を満たして、眠たくなったアイナ。
14:30の時点で、気温はすでに20℃近かった記憶があります。

f0344626_01012901.jpg

なあに?

f0344626_00322475.jpg

こちらは自分の仕切りに戻ったウムカ。アイナ側を少し気にしています。

f0344626_00325095.jpg

アイナと同じ座り方。(^-^)

f0344626_01015017.jpg

f0344626_01015530.jpg

正面より。穏やかで、優しい雰囲気の雄です。

f0344626_01020852.jpg

この時期、すでに同居は終わっていた様子でしたが、こうして柵で仕切られていても、午前中は二頭同時にプールに飛び込んだり、同じペースで淵歩きをしたり、柵越しに挨拶したり、シンクロする動きが何度か見られ、仲の良さを感じました。
いつか同居シーズンに来られたらなあ……と夢は膨らみます。

f0344626_01022968.jpg

15:00前、後ろ髪を引かれながら、次の移動に備えて二頭にお別れの挨拶を。
(アイナがこちらを見ているような気がして、なかなか離れられません……)

若く美しいペアと、半日あまり一緒に過ごすことができて幸せでした。
きっとまた会いに来ます。

(続く)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/23055908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2014-10-01 00:19 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)