5日目(エカテリンブルク動物園①)

旅の5日目。4月も末日、雪の残る景色の中をペルミからエカテリンブルクへ移動中。
ロシアで乗る初めての寝台車は、長さも幅もゆったりサイズ。平日でも7割がた席は埋まっていて、通路には命綱(!)のコンセントもあり、思いのほか快適でした。

エカテリンブルクと日本の時差は、ペルミと同じく-3時間。
6:40、目が覚めると、外は日が昇っていました。

f0344626_00334932.jpg

f0344626_00342535.jpg

ぼんやりした頭で起き上がり、顔を洗ってのろのろと身支度。向かいの席のアンナが、到着前にしっかりセーターを着込んでいたので、私も見習ってもう一枚重ね着しました。
乗る前に買っておいたジュースを飲んだりしながら荷物を詰め直しているうち、どんどんエカテリンブルクが近づいてきます。

f0344626_00343319.jpg

8:15、エカテリンブルク着。
ロシアの鉄道駅は、正面がとにかく巨大。これまでの駅と比べて、黄色のポップな色使いでした。前日のペルミとは打って変わって、雲ひとつない青空です。

駅の出口からすぐ左に出たところに手荷物預かり所を見つけ、バックパックを預けて(150ルーブル)身軽に。
エカテリンブルクの駅はロシア語以外にも英語とマークでの表示があり、旅行者にはぺルミⅡ駅よりもわかりやすい気がしました。

10:00の開園まで余裕があったので、ぶらぶらと移動開始。大通りに沿って、地図を片手に動物園へGO!

f0344626_00350132.jpg

途中、北国らしく毛皮ブランドの広告が。ロゴはしろくまでした。

f0344626_00352605.jpg

ペルミで素敵な熊のエンブレムに出会ってから、俄然市章に興味が湧いた私。エカテリンブルクの市章は、熊と狐(イタチ?)が両側から支えるデザインです。

f0344626_00353868.jpg

日陰はまだ雪が融け残っています。

f0344626_00355776.jpg

道をはさんで向こう側には、金色の丸屋根がまばゆい「血の上の大聖堂」。
手前のプロレタリア風銅像といい、遠近感が分からなくなるほどの巨大さ。ロシアにいると、自分の存在が(物理的にも精神的にも)ますます小さく感じました。
かたや、教会の奥には超高層ビルが林立。数世紀隔てた建築が同じ視界に収まると、どこかSF的風景です。

f0344626_00361872.jpg

銅像の奥は公園のようになっていて、もうひとつ教会らしき建物が。このパステルブルーがやはりロシア風です。
(このあたり、まだ雪がしっかり積もっていて、直後に足がずぼっとはまりました。((^^;)

今回、ロシアの地方都市を訪ねるにあたり、移動中にwikiを読んで付け焼刃的予習。エカテリンブルクはロシア第5の都市だそうです(ちなみにペルミの人口順位は13番目)。
ペルミがディアギレフの出身地と知ったときと同じくらい、エリツィンがエカテリンブルク出身と知って驚きました。

f0344626_00364564.jpg

途中、寄り道しつつ、開園30分前に到着。
住宅地の真ん中にあり、ペルミとはまた違った趣きの可愛らしい動物園です。

f0344626_00370535.jpg

これはアイナ? それともウムカ?(^^) どちらにしても可愛すぎる看板が飾ってありました。これでロシア語さえ読めたら……

f0344626_00373320.jpg

開園まで余裕があったので、動物園の近所を散歩。同じ通りの角には、面白い建物がありました。

f0344626_00375035.jpg

一階は煉瓦、二階より上は木造で、凝った細工が施されています。
楽しくなって写真を撮っていたら、隣の建物にいたおじさんたちが、建物の前で写真を撮ってあげようかと言ってくれました。((^^;

f0344626_00210034.jpg
ふたたび動物園前。園内ではなんとWiFiが使えるよう。
(後記:試してみましたが、結局ログインの仕方が分かりませんでした……)

f0344626_00210740.jpg
入園料は、大人200ルーブル。

f0344626_00382357.jpg

年間パス(たぶん)1000ルーブル。動物たちのマークが可愛くて、あやうく作りかけました。
持っていてもいなくても、きっとまた来たいと思います。(まだ中にも入っていませんが((^^;)

f0344626_00384238.jpg

待つこと数分、いよいよ開園! 入って最初に見えたのがホッキョクグマらしきマーク。
どきどきしながら直行、カラフルな階段を上ります。

f0344626_00385580.jpg

おはよう!! 左が雌のアイナ、右が雄のウムカ。
アイナは、昨日お会いしたペルミ動物園のアンデルマさんのお嬢さんにあたります。なんて可愛いの……

f0344626_00393550.jpg

こちらは反対側から見たウムカ。
ときどき檻に顔を寄せて、隣のアイナの様子を窺っています。

f0344626_00394445.jpg

足元には、朝ご飯らしきお魚。頭は切り落としてありました。


f0344626_00395230.jpg

ウムカ側から見た様子。奥には通りの向こうの家がしっかり見えます。

f0344626_00404654.jpg

アイナの大あくび。小柄でころんとした体型が、アンデルマさんと瓜二つ!

f0344626_07442456.jpg

アイナ側から見たホッキョクグマ舎。広さはそれぞれ同じくらいで、さらに小さなプールが隅っこにあり、ここはまだしっかり凍っていました。

美しいホッキョクグマたちを見て大興奮するうち、日も高くなり、着込んできたセーターが暑い……
このあと、軽く園内を一周してから、檻に張りつき(張り込み)開始します。

(続く)
[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/22943374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by vedett-melk | 2014-09-14 23:52 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)