1日目(成田→モスクワ)

6月もすでに後半。最初の投稿からずいぶん間が空いていますが……気を取り直して再開します。
4月末、成田発アエロフロート機に乗り、初めてのロシア、モスクワを目指しました。
旅程に関しては、これまで何度も海外の動物園を訪ねていらっしゃる方に思い切ってご相談したところ、大変親切にアドバイスいただき、できるだけスムーズに移動できるルートで、かつ初心者にも回れそうな程度に詰め込みました。

前日まで頭を抱えたのは、いったい何を着ていけばいいものか……5月のモスクワは春で過ごしやすいと聞いていたものの、その他の都市は、地図上では一見近く見えても、列車を使っても半日以上かかる道のり。広い国土に時差がいくつもあるように季節もいくつもあるだろうと想像し、冬から夏まで対応できる装備で(どちらかというと冬寄り)かつ軽量化を目指して臨みました。(そのおかげで後日とんでもない事態に……)

f0344626_10421088.jpg
   (日本時間15:30頃。ハバロフスク上空を過ぎ、西を目指します)

今回、檻や網に阻まれる動物園がいくつかあることがわかり、軽さ優先で初めてミラーレス一眼を買ってみました。
ところが、出発前日まで忙しく、練習する余裕がないまま鞄に入れて成田へ……しかも、搭乗後、これまで使っていたコンデジを久々に取り出してみたところ、なんと壊れていることが判明……(!)そのため、出発後、最初のほうの写真がありません。
次回から、バッテリーだけでなくカメラ本体も予備を持っていかなくてはと、早々に痛い教訓となりました(もちろん慣れたカメラで)。

f0344626_10421703.jpg

二度目の機内食。奥のコッペパンが懐かしかったです。

f0344626_10422311.jpg

ノヴォシビルスク上空を通過。だんだんモスクワが近づいてきます。

f0344626_10423623.jpg

拡大すると

f0344626_10422994.jpg

さらに拡大。チェリャビンスク、エカテリンブルクといった地名が見えてきて、それだけでどきどき……

到着までの間、機内食などを撮って新カメラで練習してみたものの、各種機能を使いこなせないまま本番を迎えてしまい……旅の前半は特にピンぼけが多く、無駄にバッテリーを消費しています。

f0344626_10424225.jpg

現地時間17:00過ぎ、ほぼ定刻にシェレメチェヴォ空港に到着。ガラス張りの、明るく開放的なターミナルでした。
出発時の成田は曇りでしたが、モスクワはびっくりするほどの快晴。しかも東京より暑い!
そしてこの外の明るさは……日本でいうと14時か15時くらいの感覚なんですが、実はまだ17時。白夜が近いためだと追々わかりましたが、この明るさ(の時差)ぼけ(?)は、このあとしばらく続きました。

f0344626_10424811.jpg

入国審査のゲートへ。このホールも新しく、天井から射す光が美しかったです。
(もう少し中に入って撮っていたら、確実に注意されていました。)

モスクワ市内までは、日本で予約していたタクシーを利用。ロシアの動物園は遅い時間まで開園しているところが多く、モスクワ動物園も今の季節は19時まで開園していると事前にHPで調べて知りました。
もしもホテルに早く着けたら、閉園30分前にぎりぎり間に合うかな?と楽観視していたところ……空港を出て少し走ると、たちまち大渋滞に巻き込まれました(!)

夕方の帰宅ラッシュと重なったのか、どの車もモスクワ市内を目指しているように見え、あちこちからやってくる長大な行列がいくつもスローモーションで進む事態に……
車の数が半端ではないうえ、排気ガスがものすごく、それでもドライバーのおじさんは普通に窓を開けている……(!)
しかもここはロシア。驚いたのは車の種類(車種というか年代)。隣にも、その隣の車線にも、今にも廃車になりそうな年季の入った車が少なからず走っています。少なくとも50年は走っていそうなぽんこつバスが現役で満員のお客さんを乗せていたり、あちこちにエンストした車が停まっていたり。土埃で元の車の色が分からないのは普通、ドアがガムテープと段ボールで補強してあるのも普通……(**)
日本ではちょっと車体に傷がついただけで保険沙汰になりますが、この大らかさはいったい……あらゆる意味で、まるで交通カオスの様相を呈していて、ロシアに来たなあという実感と開放感を早くも覚えました。

車の窓から見えるのはひたすら車、そして人々はみな半袖、タンクトップ、サングラスで完全に真夏の服装。18時近くなるにつれ、強烈な西日が射して車内はかなりの暑さになり、薄手とはいえダウンジャケットを着てきた私はいったい……しかもその下は薄手のセーターとヒートテック……(xx) ひとまずジャケットだけ脱いで車内の暑さに耐えていましたが、明日からは一番下はTシャツ、と心に誓いました。

相変わらずのろのろと進む車の列……ある瞬間から、突然車が流れ出し、猛スピードで市街地を目指します。旧ソ連的な一帯を過ぎ、公園のような緑の多いエリアを過ぎ、大通りを進みながら(レニングラード大通り)、右手にミントグリーンの大きな駅が見え(ベラルーシ駅)、賑やかな通りに入り(トヴェルスカヤ大通り、いずれもあとで分かりました)、しばらくして右手に折れ、細い通りに入り、今回の宿に到着。

f0344626_11462035.jpg

チェックインして部屋に落ち着いたのは19:00過ぎ。外はまだ午後のように明るかったですが、無事にたどり着けたことにほっとして、外には出かけず、明日からのしろくま巡礼に備えました。

(続く)

[PR]
トラックバックURL : http://mushmishka.exblog.jp/tb/22352823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lala at 2014-10-05 14:38 x
はじめまして。
ブログを読ませていただいてます。
羨ましいです。ロシアのしろくま巡礼。
いつかしろくま巡礼をしたいです。

まだしろくまに会えていないこの段階でもわくわくしますね。
空港から、外に出てロシアの景色に実感しそこから始まり。。
考えただけで興奮します。
私まで行った気分になります♪
Commented by vedett-melk at 2014-10-09 00:06
初めまして。コメントいただき、ありがとうございます。
しろくま巡礼、まだ半分もアップできておりませんが、気長にお付き合いいただければ幸いです。m(_ _)m
by vedett-melk | 2014-06-19 23:19 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)