祝! 1歳9か月

2015年12月7日にロシア、ノヴォシビルスク動物園で生まれたイッちゃん (Шилка) の弟、ロスチク君。一昨日、めでたく1歳と9か月を迎えました。

この間1歳になったばかりと思っていたら、2歳になるまであと少しだなんて。
遠い日本で、お姉ちゃんのイッちゃんも元気に頑張っています。
ロスチク君、会いたいな……

f0344626_01555427.jpg

……久々の更新ですが、この数か月、平日も休日もなかなか時間が取れず、4~5月の遠征やその後の国内の写真もアップできませんでした。●~*
溜めるのは危険ながら、積み残しに次ぐ積み残し……毎月の写真を取り込むのもやっとの有様で、面目ないことこのうえないです(^_−)−☆

先月、単発の副業がやっと終わったものの、今年もすでに後半に突入。年末までのスケジュールが恐ろしい……
とはいえ、体調だけはなんとか維持して、しろくまたちに会いに行く時間は確保したいと思います。

こんなとき、入院でもできたらまとまった時間が取れるかも、と考えていた矢先、7月に突然具合が悪くなり、血液検査の結果次第で即入院と言われ、頭が真っ白になりました。
その日、生まれて初めて車椅子に乗り、健康であることの大切さを痛感した次第です。

結果的に入院はせずに済み、今は普段通りに過ごしていますが、生きているかぎり、いつ何があってもおかしくないと肝に銘じ、一日一日を大事に過ごすようになりました。
いろいろと書きたいことはありつつも、なかなか形にできませんが、気長にお待ちいただければ幸いです。m(_ _)m

[PR]
# by vedett-melk | 2017-09-09 23:55 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(2)

星に願いを

今日は年に一度の七夕。2015年12月7日にロシア、ノヴォシビルスク動物園で生まれたイッちゃん (Шилка) の弟、ロスチク君が1歳と7か月を迎えました。おめでとう!

f0344626_08470147.jpg
(2017年11月5日撮影)

去年の11月にノヴォシビルスクで再会してから早8か月。お母さんのゲルダから独り立ちして4か月。今頃どうしているかな……

ふと、ロスチク君のお姉ちゃんが1歳7か月のとき、どんなだったか気になって、2015年の写真を探してみると7月4日のフォルダを発見!
二年前のイッちゃんです。

f0344626_09145778.jpg
(2015年7月4日撮影)

現在ノヴォシビルスク動物園で待機中のロスチク君。今年の七夕は、ロスチク君のために願いをかけました。

いつか移動先となる動物園が、ホッキョクグマを大切にしてくれる園でありますように。
現地でもたくさんのお客さんとお友達になれますように。
そして将来、素敵なパートナーと出会えますように。

現地のノヴォシビルスクでも、暑い季節を迎えているようです。
遠く離れていても、イッちゃんも、イッちゃんの家族も、元気にこの夏を過ごせることを祈りつつ。

[PR]
# by vedett-melk | 2017-07-07 23:39 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

祝! 1歳4か月

2015年12月7日にロシア、ノヴォシビルスク動物園で生まれたイッちゃん (Шилка) の弟、ロスチク君。
先日、ちょうど1歳と4か月を迎えました。おめでとう!

f0344626_01301351.jpg

そして今日は、ロスチク君がゲルダお母さんから独り立ちしてちょうど一か月。
別離から三週目くらいまでは写真や動画を見るのが辛くなるほどで、心配でたまりませんでしたが、だんだんと孤独を乗りこえて、ロスチク君らしい朗らかさを取り戻しつつあるようです。
つねに見守ってくださる飼育員さん、毎週のように励ましに行ってくださる現地の皆さん、本当にありがとうございます。

振り返ると、お姉さんのイッちゃん (Шилка) のお誕生日は12月11日、別離の日は11月13日。
かたやロスチク君の1歳3か月の日は3月7日、別離の日は9日。姉弟とも節目の日の2日後に独り立ちしているのは偶然か否か……不思議。

現時点でロスチク君の具体的な移動の話はまだ出ていないようですが、今はただ、新天地がホッキョクグマの幼年個体にとってよりよいものであることを願うばかりです。

ロスチク君、将来どこに移動することになっても、再会を心待ちにしています。
その日まで、お父さんやお母さんのように、お姉ちゃんのように、自分らしくたくましく歩んでいってね。

[PR]
# by vedett-melk | 2017-04-10 01:50 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

二年前の今頃、無事に来日を果たし、大阪で初めての夜を迎えたイッちゃん (Шилка)。
そして今年は天王寺で迎える三度目の春。日々耳に届く大阪弁、今ではすっかり板についたかな?

三年目の節目の年、ふと思い立って0歳から2歳までのイッちゃんの成長を振り返ってみました。

f0344626_09500248.jpg

0歳(142日齢、2014年5月2日、ロシア・ノヴォシビルスク動物園)


f0344626_10021661.jpg

1歳5か月(2015年5月17日、大阪・天王寺動物園)


f0344626_00001184.jpg

2歳5か月(2015年5月22日、大阪・天王寺動物園)


f0344626_00365150.jpg

同(2015年5月22日、大阪・天王寺動物園)


あとで比べるのに便利なように、あらゆる角度のイッちゃんを撮るように心がけていますが、このちょっと上を向いて微笑むときのイッちゃんの表情も好きです(要するに全部)(^_^)
今年の5月、イッちゃんがどんな表情を見せてくれるか、待ち遠しく思います。
[PR]
# by vedett-melk | 2017-03-30 00:21 | 天王寺動物園 | Trackback | Comments(0)

つい数日前、桜のつぼみが咲いているのを見つけて喜んでいたら、冷たい雨の週末になりました。
近いようで遠い春……今年も春の雪が見られるかな?(^_^)

思い返すと、ちょうど二年前の今頃、イッちゃん (Шилка) が生まれ故郷のロシア、ノヴォシビルスク動物園からはるばる日本に向けて旅立ちました。
去年gallery cafe kirinさんから刊行された『奇跡のホッキョクグマ家族』。イッちゃん到着までの秘話を読んで、仰天しつつも感謝の気持ちを新たにしました。初めての長旅、本当によく頑張ったね。

そして今、イッちゃんが来日までの三か月余りを過ごした動物園の外れにあるケージで、初の独り暮らしを始めている弟のロスチク君。
ぽつんと悲しそうな姿を見ると、二年前のイッちゃんと二重写しになって胸が潰れそうですが、現地のファンの方々が毎週のように励ましに行ってくださっていると知って、心強く思います。

平静を取り戻すまでにはまだ時間がかかるかもしれないけれど、どうか一日も早くロスチク君が笑顔を取り戻せますように。
そしてこの先、別の動物園に移動することになったとしても、どうかホッキョクグマを大切に飼育してくれる園でありますように……

f0344626_23192980.jpg

先日のロスチク君の独り立ちを機に、親子四頭の家族写真を作ってみました。
(カイ、ゲルダ、ロスチク君は2016年11月5日、イッちゃんは2017年2月25日撮影)

考えてみると、家族全員を知っているのはゲルダひとり。母が一家の要だったのね……(◎◎)
つい数日前にカイ(クラーシン)と再会を果たし、ロスチク君の立派な成長を報告してくれたようです。

カイお父さんとゲルダお母さん。あなた方のおかげで、こんなに可愛い姉弟が生まれました。
日本に来てくれたイッちゃんに新たな感謝と、新しい人生の一歩を踏み出したロスチク君への応援を送ります。
[PR]
# by vedett-melk | 2017-03-26 23:30 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(4)