今日はいつもより早めに帰宅し、居間のテレビの前でスタンバイ。
この番組のことを知り、放送を心待ちにしていたその日がついにやってきました。

亡き星野道夫さんのご子息、翔馬さん。生後一歳半のとき、ヒグマによる事故で父を亡くした彼が、父が初めてアラスカを訪れたのと同じ年齢になって初めて、それまで一度も開いたことのなかった父の本を読み始め、足跡を辿るというドキュメンタリー番組です。

熱意に溢れた手紙を送り、単身アラスカを訪ねてきた父を親切に迎え、泊めてくれた村の村長、親友となったワタリガラスの神話の語り部、空撮に同行した盟友のパイロット、定宿にしていた民宿の主人、バンク―ヴァ―に終の棲家を建てることを勧めてくれた友人夫妻……
星野さんと親交のあった方々は、みな愛おしそうに生前の星野さんを回想していました。
誰もががご健在(というかまだ若々しい)のは、星野さんがあまりにも早く亡くなったから。そのことを思うたび、涙、涙……

短い一生で
心魅かれることに
多くは出合わない
もし 見つけたら
大切に……大切に……

一昨年、星野さんの没後20年記念写真展を東京と横浜で見たとき、展示の最後に掲げられていた星野さんの言葉。

今の自分と同じ歳に運命の地となるアラスカを旅し、写真家を志した父。その父の見た風景、出会った人々に接し、自らもカメラを構える翔馬さん。
父の愛した土地を訪ねることは。今もそこにいるはずの父と対話し、その魂に触れる旅だったのかもしれません。

星野さん、この世にあなたの写真を、文章を、翔馬さんを遺してくれてありがとう。
展覧会で星野さんの写真と向き合ったときにこみ上げてきた思いを反芻しつつ、親子の重ねる旅の物語に心が震えた50分間でした。

[PR]
# by vedett-melk | 2018-01-11 23:55 | Trackback | Comments(0)

ロシアのクリスマス

新年を迎え、三が日が過ぎ、早いもので一週間……三連休の初日、無病息災を祈りながら七草粥をいただきいました。
今年こそ、どうか元気に一年を過ごせますように。

お正月、ロシアに行くたびにお世話になっている女の子に新年のお祝いメールを送ったら、ロシアのクリスマスと新年について面白いことを教えてくれました。
クリスマスというと12月25日が浮かびますが、ロシアではクリスマスを1月7日(ユリウス暦に基づく)に祝うそうです(彼女曰く、「ロシアにはクリスマスが二回ある」)。
その前日、ハロウィンのように家々を回ってお菓子をもらう(いたずらはなし)、かがり火を焚く、等々、どこか異教的な雰囲気。

ロシアの昔ながらのクリスマスを知るには、ゴーゴリの「降誕祭の前夜」を読むといいとのこと。調べてみるとオペラやアニメにもなっているそうで、邦訳が二種類見つかり(『ディカーニカ近郊夜話』)、さっそく図書館に予約を入れました。
週末、どっちから読もうかな?

いつの日か、お正月とクリスマス(二つ目の)をロシアでしろくまたちと迎えることができたら……とぼんやり夢見るこのごろ。
ロシアの皆さん、С Рождеством Христовым!

f0344626_00460659.jpeg

そして今日、ロシア・ノヴォシビルスク動物園に暮らすロスチク君がめでたく二歳と一か月を迎えました。おめでとう!
下の写真は去年10月2日に会ったときのもの。今は真冬の分厚いコートをまとって、ますますむくむく育っているだろうな……(^-^)

f0344626_07382270.jpg

先日、ノヴォシビルスクのファンの方が現地のニュースで特集されたのを知って喜んでいましたが、その方が1月2日に撮影されたロスチク君の最新映像では、なんと囲いの中にある岩の家の上に登っていました。猫みたい……(^o^)

これからも健やかに、たくましく、そして幸せでありますよう、遠い日本から祈っています。
ロスチク君、そしてカイお父さん、ゲルダお母さん、よいお年を!

[PR]
# by vedett-melk | 2018-01-07 23:45 | Trackback | Comments(0)

続いて下半期。

7月

f0344626_17474080.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

f0344626_17491952.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))


8月

f0344626_21574700.jpg
(男鹿水族館GAO、豪太)

f0344626_17590850.jpg
(東山動植物園、サスカッチ)

f0344626_17594442.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))


9月

f0344626_18110849.jpg
(ロシア・ヤクーツク動物園、ロモノーソフ)

f0344626_18170498.jpg
(ハールチャーナちゃん)

f0344626_18134145.jpg
(コルィマーナさん)


10月

f0344626_18214045.jpg
(ロシア・ノヴォシビルスク動物園、クラーシン/カイ)

f0344626_18222567.jpg
(ゲルダさん)

f0344626_18223828.jpg
(ロスチク君)


11月

f0344626_18463681.jpg
(八木山動物園、カイ)

f0344626_18443046.jpg
(ポーラ)

f0344626_18421353.jpg
(ナナさん)

f0344626_18500653.jpg
(男鹿水族館GAO、豪太)

f0344626_18533037.jpg
(男鹿水族館GAO、クルミ)


12月

f0344626_19131433.jpg
(釧路市動物園、ミルク)

f0344626_19152794.jpg
(釧路市動物園、キロル)

f0344626_19202183.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))


(コメントはのちほど)
[PR]
# by vedett-melk | 2018-01-01 17:45 | Trackback | Comments(0)

この一年、ブログの更新がほぼ止まったまま、気づけば年の瀬……わざわざ訪問してくださった方々、誠に申し訳ありません。
振り返ってみると5月がピークで、国内外で7園16頭を訪問していたことが判明。
長期の遠征後は特に、写真や動画の整理をするまとまった時間が必要だと、毎年同じ反省を繰り返しています(^_-)-☆
(持ち越し中の四年前の最初の遠征は、近日中に更新を終える予定)

駆け足ですが、今年会うことのできたしろくまたちを順番に振り返ってみます。
まずは上半期から……

1月

f0344626_23271177.jpg
(男鹿水族館GAO、豪太)

f0344626_23245968.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

2月

f0344626_23291299.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

3月

f0344626_23305410.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

4月

f0344626_23340591.jpg
(男鹿水族館GAO、豪太とクルミ)

f0344626_23360252.jpg
(ロシア・レニングラード動物園、ウスラーダさん)

5月

f0344626_23361800.jpg
(エストニア・タリン動物園、アロン君)

f0344626_23451747.jpg
(ノラちゃん)

f0344626_13230018.jpg
(ノルドさん)

f0344626_13230997.jpg
(フリーダさん)

f0344626_23493893.jpg
(ハンガリー・ブダペスト動物園、ビェールィ君とシェールィ君)

f0344626_23502706.jpg
(ロシア・ペルミ動物園、セリク君)

f0344626_23530893.jpg
(アンデルマさん)

f0344626_23532624.jpg
(ユムカ/ミルカちゃん)

f0344626_23543614.jpg
(ロシア・モスクワ動物園、ムルマさんとウランゲリさん)

f0344626_13215788.jpg
(スネジンカちゃん)

f0344626_13311636.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

f0344626_13363208.jpg
(王子動物園、みゆきちゃん)

f0344626_13394635.jpg
(上野動物園、デアちゃん)

f0344626_13403650.jpg
(上野動物園、イコロ)

6月

f0344626_13473797.jpg
(浜松市動物園、バフィンさんとモモちゃん)

f0344626_13595799.jpg
(姫路市動物園、ユキちゃん)

f0344626_14090045.jpg
(姫路市動物園、ホクト)

f0344626_14130800.jpg
(王子動物園、みゆきちゃん)

f0344626_14223248.jpg
(天王寺動物園、イッちゃん(Шилка))

f0344626_14590743.jpg
(釧路市動物園、ミルク)

f0344626_14594530.jpg
(釧路市動物園、イコロ)



[PR]
# by vedett-melk | 2017-12-31 23:59 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)

f0344626_23254868.jpg


[PR]
# by vedett-melk | 2017-11-21 23:25 | ロシアの動物園 | Trackback | Comments(0)